不動産投資で失敗して反省したこと

1)失敗の1

27歳で初めて不動産会社に入ってね。

そこで2DKの新築マンションを買ったんよ。

そこで5年後に売ってももうた。

その時は儲かったけど。

これは長期では失敗やった。

この不動産を貸そうかなと思ったよ。

でもリスクを考えちゃった。

それと住宅ローンは返して事業資金を借りる

ことをよくわからんかった。

反省は、銀行や信用金庫に聞けばよかった。

母は美容院経営だったので信金からお金借りとった。

親父も不動産の営業だったので、貸すことを相談すべきだった。

失敗やな。

このときは経験不足でね。

やればよかった。このマンションはいまでもある。

貸すこともできてるようです。

 

2)失敗その2

1983年で33歳の頃に、不動産会社から大手証券に転職するときに

テルは証券が厳しいと聞いていたので、入社前に郊外のマンションを購入しました。

これも80年代の不動産バブルに乗って5年後に売却しました。

このときは、貸すべきだったです。お金にしても、

結果的には貸すべきでしたね。

このときも儲かったけど、

貸せばよかった。

お金にすると使っちゃうよ。

このときも住宅ローンを返して事業用の

ローンを借りればよかった。

でもね。このときの金利がかなり高く、事業用ローンを

借りるのは躊躇しましたね。

でも次にはやろうと思った点で

失敗もよかったかも。

スポンサードリンク

貸家にして成功した例

1)貸家にして成功した例

シニアになってから始めたのが貸家業。

郊外の家をお抱えの工務店さんのアドバイスのおかげで

貸家にしました。

そのお抱え工務店さんは化粧品店も経営。貸家を数件保有されていて

貸家にするようにアドバイスいただきました。

改修費は賃料の三年分でした。

おかげで、お抱え工務店の他に

おかかえ不動産業者

お抱え税理士も出来ました。

ガス会社に話をしてくれて

無料でキッチンの費用を負担してもらいましたね。

火災保険に入ったおかげで何度も来る台風で

瓦がとんでも保証してもらいました。

お抱え工務店がすべて手配してくれたね。

 

もっと貸家をやりたいけどもう年齢なので

子供がやりたければ教えたいと思う。

テルのビジネス大学で学んでください

不動産投資は場所がポイント

若い人はテルのビジネス大学をみてやってください。

不動産投資は場所がポイントだね。

札幌の郊外の北広島市がいいようですね。

ほかには神戸の郊外の姫路市とか。

福岡のちかくの北九州市とかね。

首都圏なら、千葉、さいたま、群馬、栃木、茨城

なども検討したらいいかもしれませんね。

所沢に住んで戸建て投資をやるのがおすすめですね。

ウイルス騒ぎが終わってたらでいいかもです。

今は不況が来て株も下がり不動産も下がります。

いまは物件の検討時期でしょうね。

海外もいいかもね

バリで不動産投資する人もいますね。

経済成長のある国で不動産投資がいいでしょう。

シンガポール、マレーシア、インドネシアなどね。

ロストウも新興国が発展すると言ってたね。

中国もいい時期があったね。

韓国もいいかも。

与沢さんもアジアで投資してるよね。