着実な不動産投資のおすすめ

着実な不動産投資法を説明しますね。

1)まずは200万円は預金せよ

2)投信はやらない

  理由は自分で操作できない

  政府は買ってもらいたい

  国民に株を買ってもらいたいが

  本音だね

3)商品は金だけ

  商品先物はだめ

4)投資は自己責任

5)不動産投資は自分で勉強する

6)不動産投資は詐欺もあるから

  要注意 シェアハウス

  かぼちゃの馬車

  サブリースが危ない

7)大手不動産が何故不動産投資

  コンサルはやらないのか

  不思議だね

スポンサードリンク

テルの以上の方法への経験からのコメント

不動産投資法へのテルの経験から思うコメントをするよ。

1)まずは200万円は預金せよ

不動産投資するには、

まずは200万円預金せよ。

残りは銀行ローンで調達だ。

不動産投資は首都圏で

団地投資があるよね。

500万円の投資なら

頭金は預金の200万円で

残り300万円は銀行のローンでね。

低金利でローン組めばレバレッジがかかる。

問題は賃貸市場を見極めること。

それには知らない地域の投資は

要注意だね。

団地投資の後には

ローンが終われば、その不動産が銀行の

担保になる。

そして投資中にもまた次の200万円を

貯金することだ。

そして次には古屋投資ややろう。

そして次は古いアパート投資を

やろう。

2)投信はやらない

  預金を増やすのに投信をやるのはどうかな。

  理由は自分で操作できない。

  政府は買ってもらいたい。

  国民に株を買ってもらいたいが

  本音だね。

 

3)商品は金だけ

  商品先物はだめ

  投資では金はいいけど商品先物はだめ。

 

4)投資は自己責任

投資は自己責任なんだね。

これがいやならサラリーマンで一生暮らすことだね。

5)不動産投資は自分で勉強する

不動産投資は自分で勉強してやろうね。

テルがおすすめする本は次のブログを参考にしましょう。

○関連ブログ

不動産投資は素人では勝てないので本で一年は勉強せよ

 

6)不動産投資は詐欺もあるから

  不動産投資には詐欺もあるよ。

  要注意はシェアハウスなど。例はかぼちゃの馬車。

  サブリースが危ない。サブリースは途中で突然やめられる。

  手口は高い物件を売りつけるのが基本。

銀行と組む場合もあるから要注意。

人を信用してはいけないよ。

 

7)大手不動産が何故不動産投資コンサルやらないのか

いつも不思議なのは大手不動産会社は

仲介物件やタワマン新築を売るよね。

でも不動産投資をおすすめしないよね。

テルも中古の戸建てを売るときに、

大手不動産に修理したらいくらで貸せるかを

依頼してもあまり対応しない。

理由はね。仲介のほうが儲かる。

売買の仲介人は売買はわかるけど

賃貸は儲からないので

おすすめしてこない。

だから不動産投資は自分で勉強すべきなんだ。

逆に言えば市場がないから

儲かるチャンスがあるのよね。