インフラファンド(太陽光発電)は資産運用にどうか?

インフラファンドとはその名の通りインフラのファンドだけど

いまあるファンドは太陽光発電のファンドですね。

1)リートに類似した仕組み

2)株式市場で売却可能

3)再生エネルギーに投資

4)現行は太陽光発電に投資

スポンサードリンク

インフラファンドのメリット

 

1)土地の購入や設備の投資や借金の借り入れが不要

2)国がファンドを後押ししており2030年までに24%を目標

3)ファンドなので一喜一憂は必要ない

 

インフラファンドのデメリット

 

1)20年で固定買取制度が終わるリスク

2)太陽光パネルには寿命がある

3)固定買取の法律が変わるリスク

4)インフレヘッジにはならない

5)過剰供給による出力制限のリスク

 

銘柄とその特徴

1)9281 タカラレーベン

2)9282 いちご

3)9283 日本再生

4)9284 カナディアン

5)9285 東京インフラ

6)9286 エクス

7)9287 Jインフラ

 

個別は各自研究してください。

利回りは高いですが、流動性が低いですね。

ETF化されると資金が入るでしょうね。

まあこれからですね。

資産運用の候補ですね。