株式投資で初心者が守るべき基本方針〜テルのやりかた

給付金の影響もあり

ネット証券に初心者の口座が増えているようだ。

そこで初心者が守るべき基本方針を

大手証券にいた経験を踏まえてお伝えしよう。

1)株価でなく企業価値を見極める

2)暴落時に買おう

3)狙いは成長株や高配当株

4)まずは1000万円を狙いにしよう

スポンサードリンク

テルの大手証券からの経験からコメントしよう

1)株価でなく企業価値を見極める

バフェットのやりかただね。

テルは大手証券でアナリストでした。

そこでは企業価値を分析していました。

運用部門ではチャーチストの意見や場立ちの

需給情報を重視する運用マネジャーもいたと思います。

ディーリングは難しいです。

初心者は企業をよく研究して暴落時に買いましょう。

外人投資は当時からROEを重視しており

外人投資家はアナリストの推薦銘柄を買っていました。

当時の銘柄は今でも買われていますね。

2)暴落時に買おう

ジム・ロジャーズやバフェットがやっていることです。

バフェットは毎日企業分析をやっている

姿がみられますね。

大学に行って企業分析を学んだのです。

バフェット指数で有名ですが

ある程度株価が高くなると現金比率を高めて

暴落時に大量に良い企業を買うのです。

簡単ではありません。

暴落するときは怖くてもっと下がると思って

手が出ません。

手が震えます。

今回のコロナショックで変えましたか?

多分売ってしまったのではないでしょうか?

 

それでも企業分析を自身を持ってやっていれば

暴落でも買えるのです。

企業に努めていたら十年選手ですと

大不況を経験する得意な業種なら企業なら

買える気がするものです。

80年代の大バブルやネットバブルや311や

リーマンショックなど暴落がありましたが

戻ってきましたよね。

思い切って買うには企業分析が欠かせないということです。

 

3)狙いは成長株や高配当株

売り上げや利益が3倍になれば株価は急上昇するものです。

独自のビジネスモデルを持っていると

周りが不況でも売上は上がるものです。

売上が上がれば利益はついてくるものです。

売上が伸びる株が成長株です。

おわゆる小型成長株ですね。

高配当株とは投資家にすかれるのが

配当を多く出す企業です。

売上を上げて利益を上げても配当を渋ると

株価は上がりにくいです。

 

4)まずは目標は1000万円を狙いにしよう

まずはお金をためましょう。

20万円の初任給のあなたでも

月に30%に6万円は貯められますよね。

100万円は貯まるでしょう。

そこで利益が将来3倍になる銘柄を探しましょう。

そして暴落時に果敢に買うのです。

言うのは易しく行うのは難しいですよ。

 

株の相場は格言でも

悲劇で始まり幸福の中に終わっていくといいます。

コロナ前にはバフェット指数的にはピーク感がでていましたね。

株価があがり多くの初心者が入ってきました。

 

有名な話にはあのケネディの親父さんが株式相場の投資家だったのですが

ある日、靴磨きの坊やが旦那この株価いませんかと言ったそうです。

靴磨きの坊主まで株の話をするとは

これはピークだと悟ってケネディのお父さんは

全持ち株を売ってさらに売りを果敢にやったそうです。

これがケネディ家の繁栄をもたらしたそうです。

 

10万円までの取引が無料のネット証券はこちらからどうぞ

松井証券