バフェット流のバリュー株投資がおすすめ

バリュー株投資をするなら

この本がおすすめだよ

 

これがバリュー投資なんだね。

貯金40万円が株式投資で4億円 元手を1000倍に増やしたボクの投資術

という題名で分かる通り、複利で増やした方法だよ。

有料級の情報商材だね。

 

 

バフェットもこのバリュー投資をやっているのだね。

原本はこれだよ。

題名は懸命なる投資家

バフェットがニューヨーク大学院で学んだ

師匠だよ。

 

テルは証券会社のアナリストだったから

これを活用すれば大金持ちになれたのにね。

まあタイミングがあったのだよ。

具体的な証券投資方法とは

この前にツイッターでね。80歳くらいの株式投資家が

そのやり方を披露していた。

それはこれ以上さがらない株をよく調べて

買うのだとね。

まさにこれがバリュー投資だね。

実はテルは証券にいたでしょ。

ここは手数料を稼ぐ所だからね。

運用は学べないのよ。

基本証券会社は手数料を稼ぎたい

だからバリュー投資でなく成長株投資で

上がる株を買っていくし勧めていく。

そうすれば相場の上げ下げで売り買いさせて儲かる。

テレビやネットの相場放送も基本は

証券業者にお金をもらって営業しているから

成長株やディーリングやチャートなどで

買わせようと必死だね。

そこでバリュー投資なんだね。

これ以上下がらない株を買って

じっと持って複利で稼げば

40万円が一億円にもなるのだね。

証券業界で有名なBNFさんとかは

ディーリングでしょ。

あればバックにSBI証券とかいそうだね。

ちょうどGoogleが有名YouTuberを使って

YouTubeを有名にしたようにね。

君もバリュー投資をやろう。

テルは最近これに気づいた。

理由は不動産投資なんだよね。

それはね。不動産投資は個人は業者と違って

不動産のディーリングできないのだね。

理由は税金なんだね。5年以内に不動産を売ると

譲渡益の40%は持っていかれる。

だから買うときはだいたい

暴落の後でこれ以上下がらない時に

買ったのよ。

10年に一度もペースで

20代後半で都内のマンション

30代の半ばで郊外のマンション

50代の後半で都内のマンション

いずれも不動産が暴落してこれ以上

下がらない時に買ったのよ。

自宅だったからかなかな売れないでしょ

だから全部譲渡益が出たのよ。

かせばよかったけどね。

だから不動産投資では

このバリュー投資をやってたのね。

大手証券にいても

CNBCを見ても

ストックボイスを見ても

モーニングサテライトや

ワールドビジネスサテライト

を見ても儲かる株は探せなかったのよ。

不動産投資にヒントがあったなんてね。

バフェットの本を読んでも

わからなかったけど

この本で気づいたのよ。ピンときたのよ。

 

みなさんも稼いでくださいね。

これ以上下がらない株をリサーチして買いましょう。

そしてじっと持って40万円を一億円にしましょう。

 

関連ブログ

株で大金持ちになるならバフェットに学べ〜8つの原則