株で大金持ちになるならバフェットに学べ

株で大金持ちになるならバフェットに学べ

テルは大学院時代にケインズに巡り合って、

資産運用で身を立てる方法を考えた。

そこで不動産や証券に行ってノウハウを学ぼうと思った。

ます、テルは不動産会社に七年勤務。

でも、不動産投資でもうけられる方法は学べなかった。

不動産の運用方法を学べなかったのでがっかり。

不動産会社は、基本は手数料を稼ぎたいだけ。

お金持ち向きに投資物件や、

レッツ等を売ってはいたけど。

そこには行かせてもらえなかった。

次は資産運用でポイントの、

大手の証券会社に転職。

運用会社に出向で、

不動産アナリストやったけど、

学んだのは日経を読むことや、

儲けるには業績分析とチャート分析が大事だということ。

でも運用をどうすれば、

もうけられるかは学べなかった。

職人芸で自分で見て盗めという感じ。

どの業界も似たようなものだ。

教えてくれるのは父親かおじさん。

大手証券は、

資金調達を助けて法人に注力していた。

債券の部長が経済を分析していたので、

テルは、証券投資には金利がポイントだとわかった。

でも、どうも儲けるのかは不明だった。

テルは、現在までどう運用するかを追及してきた。

不動産では、まず都内で2DKの

新規マンションを買って五年すぎで売って儲けた。

郊外の3LDKの中古のマンションを、

買ってやはり五年すぎて、売って儲けた。

賃貸に入居もした。

現在は、古い中古戸建てを貸している。

郊外の中古のワンルームも買った。

不動産は、次戦を通じで、

だんだん儲け方はわかってきた。

不動産は、

長期では価格はどうだったかというと

不動産バブル崩壊から十分の一になった。

そのあと、安部のミックスまで30年近く、

デフレで不動産価格は低迷した。

ようやく、安部のミックスで、

不動産が活況になって、

価格も上がって来たが、

これからというとき、

残念だが人口がこれから激減していくようだ。

一方株価だが、株価は不動産と似ていて、

長期で株価は、

不動産バブル崩壊で、

4万円から8000円まで下げたあと、

安部のミックスでようやく半分まで戻ってきた。

人口減で株価も今後どうなることか。

政府は株価を維持して、

年金の原資にしようとしてるようだ。

テルは、不動産は運用のコツをつかんだが、

株は、まだまだ運用のコツはつかめない。

ディーリングがいいか。

チャートで判断して、

信用でレバレッジで、

売ったり買ったりすればいいのか。

 

株はやはりバフェット流がいいようだ

そこで、最近はバフェットに注目している。

ノーロードの世界株ファンドや、

米国のSP500のインデックスファンドがいいのか悩んでいる。

実際に、運用方法では、不動産なら運用方法が読めるので、

ドルベースの米国のリートと、

インド通貨建てシンガポールリートに投資している。

両方とも受け取った金額合計すると、

利益が出ている。

リートは債券と同じで、

インフレで金利が上がると、

下がるので要注意。

でも長期ではじっと持っていれば、

またデフレで金利低下なら戻ってくる。

長い期間があるので、

どこかで売るべきだろうが。

 

なので、現在は、個別銘柄はやっていない。

個別銘柄はムズい。

業績は、景気で変わるし、

金利や為替の影響も大きい。

買ってじっと持ってることはできないのか。

そこで、今回はバフェットを研究した。

本の名前は、

バフェットの銘柄選択だ。

 

これはいいので超おすすめ。

この本の解説をしよう。

バフェットのさんは何に投資するかと聴かれて、

アメリカの株式に投資すると答えた。

日本じゃないのだね。

誠意が、大事で自分の好きなことをやろうとおっしゃる。

バフェットは、株の運用がやりたかった好きなことだったのだね。

バフェットはディーリングもやらない。

今後成長するNetflixと企業も感心ない。

不思議な人だよ。

バフェットが投資するのは何か。

バフェットが投資するのは、

消費者独占企業だという。

例えば

マクドナルド

コカ・コーラ

マルボロ

マイクロソフト

ひげそり

ハーシーのチョコレート

バフェットが大事にする8つの基本

1 消費者独占力のある商品サービスを持っているか

2 一株あたりの利益が力強い増加傾向にあるかどうか

3 多額の負債を抱えていないか

4 株主資本利益率が ROEが高いか

5 内部留保を再投資してきたか

6 内部留保を新しい事業や自社株買い戻しに使えるか

7 インフレを価格に転嫁できるか

8 内部留保利益の再投資による利益が株価上昇に

つながっているか。

 

バフェットはこれらの企業を見つけたときどうするか。

株価暴落をひたすら待って、暴落をしたら

阿呆になって買いまくる。

これができるのは、

企業の分析をしっかりしていて、

研究してるから恐怖に勝てる。

恐怖の勝つのがポイント。

テルが不動産なら恐怖の勝てるのと同じ。

バフェットは、

親父さんが経営していた小さな証券会社に勤務し、

ニューヨーク大学で株分析のプロに習って、

企業分析を研究していた。

あなたは暴落で買えますか

インデックスでなく個別銘柄ですよ。

個別銘柄を買わないと、

インデックスではバフェット並みの儲けは出ません。

バークシャハサウエイの株を買えばいいのでしょうけどね。

これがバフェットの保有銘柄です。

では、何でバフェットは、

暴落で特定の株を買えたのでしょうか。

それは、親父さんが経営していた小さな証券会社に勤務して、

多くのプロの投資家やファンドマネージャーが、

投資信託のランキングをきにして、

暴落しても買えないのです。

悪材料が出ると売ってしまうのです。

そして好材料が出ると買ってしまうのです。

短期では儲かっても、

長期ではバフェットのようには儲からないのです。

じっと待って、多少下がっても持っていられるのは

それが、

消費者独占的企業であって、

ROEが高く

それが将来も続くと確信しているからです。

そして、

製法が単純で、

競争相手がいない会社に投資するのです。

強いブランドで消費者が指名で買う商品を売る会社です。

コカ・コーラ

マルボロ

ハーシーのチョコレート

ひげそり

マイクロソフト

等です。

一度バークシャハサウエイやバフェットの銘柄を研究しましょう。

お金を貯めてバフェットの銘柄が暴落するのを持ちましょう。

米国の株を買う準備をしましょう。

マネックス証券

SBI証券

楽天証券

に口座を開きましょう。

本多清六先生が推薦の給料四分の一の天引き預金をしましょう

あなたが、新入社員なら実家で暮らしたり社員寮に入って、

節約して天引き預金をしましょう。

手取りが二十万円として、

月額五万円たまるので、

年間で60万円たまります。

五年後にはあなたは28才くらいでしょうね。

そこで300万円たまっています。

そこからじっとバフェットのように、

暴落が待てますか。

人間は下がると売りたくなり、

上がると買いたくなります。

このメンタルをどう越えるか。

ここが重要なポイントです。

ディーリングやFXになれてると、

売ったり買ったりで、

証券を手数料で儲けさせるだけですね。

ネット証券なら手数料は少ないですが、

バフェットのようには大きな含み益は得られません。

テルが一つコツをいいましょう

テルは不動産が得意です。

不動産は流動性が悪いので、

何があってもじっと持っていれます。

自分で住んでいようと、

それに借り手がいようと、

5年くらい持っちゃいますよね。

その間に、

不景気が来たり好況になったり、

金利が上がったり下がったり。

株なら途中で売りたくなり買いたくなりますが。

いいことに流動性が低いので、

不動産は持っていれます。

不動産と株は不思議と連動します。

株が大きく上がると、

六ヶ月後に不動産も上がるし、

株が大きく下がると、

不動産も六ヶ月後に下がります。

この性質を利用して、

バフェット銘柄を、

不動産の暴落時に、

不動産を買うときに合わせて、

買って忘れましょう。

テルが大手証券でアナリストで、

世界の外人投資家に銘柄をすすめていましたが今思うと、

バフェットの原則にあっていました。

半導体の東京エレクトロン

アドバンテスト

ロボットのファナック

セブンイレブン

日東電工

セコム

大和便

 

等でしたね

一株あたりの利益が、

力強い増加傾向にあり、

ROEが高い株ですね。

いまなら

キーエンス

任天堂

ソニー

JT

NTTドコモ

 

ですかね。

 

厳密のグローバルで指名される。

日本の消費者独占的企業は、

なんですかね。

ユニクロがあげられるかもですね。

やっぱり米国株のバフェット銘柄がいいですかね。

為替リスクはありますが、

儲けの方がおおきいでしょうね。

 

テルも研究しますが、

あなたも、

バフェット銘柄や、

日本のバフェット原則にあった銘柄を発掘しましょう。

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で

コンスタントに稼いでいます。

労働しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

大学時代には欧州一周を見てまいりました。

アメリカの大学院のMBAのホテル学科に留学して英語も勉強しました。

留学中にはセレブに必須のフランス語を習得。

留学中にはニューヨークやカナダやメキシコに観光に行きました。

ブラジル銀行の友達ができました。

メキシコの友人は元大統領の子息でした。

帰国後に27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めました。

そこでロスアンゼルスプロジェクトでロスアンゼルス

の土地を見に行きました。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

その後商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立ちました。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

小さい頃から、ベットの生活、朝はパンと牛乳、

夏は別荘ぐらしでした。

小さい頃からクラッシックのレコードを与えられ

印象派の絵画画集も与えられ、いい映画も見に行かされました。

そこで体験したことをセレブの生活にまとめました。

It is TERU.

I was raised by a celebrated mother.

It is a way of life to live peacefully and relaxedly.

After graduate school, I developed an English conversation acquisition method by studying abroad MBA.

Mitsui-based real estate company, Nikko securities company, Mitsui trading company net company work.

I will teach you how to make 4 wallets.

I am struggling to earn with an affiliate on the net. I love celebrities.

I like YouTube. I am doing a blog affiliate.

I like to eat sweet things because I am poor at drinking.

It is a philosophy that lives enjoying living happily.

Let’s go enjoy it.

Please register from the form below for mail magazine registration.

Free