貧乏父さんから金持ち父さんになるポイントは?

ロバートキヨサキのこの本は有名ですね。

不動産投資や証券投資をすでにやっており、

小規模でも投資家にはなってます。

でも貧乏父さんから金持ち父さんになるための

大きな壁を越えてなかった。

問題はこれです。

言葉と時間。

言葉とはその業界の知識のことで

それを知らないと経営も投資もできない。

そのためには実務や勉強の時間が必要という意味だ。

知識を得る意味で従業員になるのはいいとキヨサキは言う。

 

言葉を習得したか、時間は十分か?

ファイナンスの言葉と不動産投資の言葉と

時間は十分だったのか。

 

不動産流通会社で従業員になり必要な言葉は覚えた。

でも自問自答する。不動産投資の言葉は覚えたか。

これには本を読んだか。実践したか。

 

証券業界には入った。言葉は覚えたか。

証券の商売で手数料をゲットする事は覚えた。

でも果たして証券投資の言葉は覚えたか。

時間をかけたか。

実証しよう。

 

実は不動産会社で仲介業は覚えた。

しかし不動産投資に必要なものは覚えたか。

覚えていなかった。

言葉は勉強しないとわからない。

 

不動産会社で習わなかったものは。

賃貸部門がなかった。

敷金礼金。何ヵ月がいいのか。

これは実際に賃貸物件に入ったときに覚えた。

出たときに覚えた言葉は修理代の請求。

 

これも交渉する中で覚えた。

不動産投資ではどんな言葉があるのか?

家賃保証会社

賃料

敷金

管理手数料

フルローン

サブリース

日本政策銀行

信用金庫

住宅ローン金利

事業者ローン

利回り

複利

固定資産税

火災保険

いろんな業界言葉がある。

 

宅建で勉強し鑑定士専門校で勉強した。

従業員になり言葉は覚えたが、

不動産投資したか?

 

不動産は自宅で買ったが、果たして貸したか。

買ったものは売ってきた。

貸したのはシニアになってからだ。

 

親がアパート経営でそのアパートを見て育った。

美容院経営を見て育った。

でもテルは完全に貧乏父さんだった。

 

証券ではどうだったか

従業員で野村證券株に投資した。

これは投資だった。

不動産アナリストで専門用語は覚えた。

株価

PER

EPS

PBR

ROE

チャート

移動平均

でも投資家のための移動平均の投資での使い方は、

習わなかったし、勉強したがイマイチだった。

手とり足取り教えてくれない。

親が証券業界なら有利だ。

これは最近学んだ。

 

言葉は大事。時間も大事。

ディーリングのために十万円を溶かした。

言葉と勉強だけでなく実践した。

 

不動産も実際に投資して覚えた。

貧乏父さんだったテルが、

乗り越えなかった金持ち父さんへの大きな壁。

それは税金の知識と法人化の実践。

 

一番の壁は法人設立

法人は年間維持に30万円費用がかかる。

ここで躊躇し、税理士に相談したが、

5棟10室までは青色申告でいいと言う。

 

祖母が従業員を雇い美容を経営。

母も美容院を経営。

でも青色申告で法人は作ってなかった。

 

ここが貧乏父さんだった。

お抱え税理士も青色でいいという。

 

税務署は青色申告で法人の美味しさを教えない。

法人を作る意味を明確の教えているのが

ロバートキヨサキ。

 

法人税は上限が所得税の上限より低い。

イケハヤさんのような個人事業主は

法人化のメリットは知っている。

でもあまりいわない。多分サロンで言うのかな?

 

金持ち父さんの壁は越えている。

でもあまり大きな声では言わないでしょ。

 

確定申告書は公開はしないよね。

個人は稼ぐと税金をとられてそのあと消費する。

 

一方法人は、

稼いだ所得から経費を引いたあとに、

課税される。ここも大きなポイント。

 

資本主義のエンジンは法人だから、

法人は個人より優遇されてる。

 

これには学歴の関係なく、

大企業の勤務や、

先生などの公務員であることも関係ない。

 

大卒で東大出で官僚でも労働者だし、

中卒で会社経営なら法人で経営者だ。

 

どっちが金持ち父さんかというと

東大出の教授や公務員は貧乏父さんで、

 

中卒のリサイクルショップのショボい経営者は、

金持ち父さんなのだ。

 

中卒でも転売をやったり、

イケハヤさんのような自分の教材販売や、

ブログやYouTubeで稼いで、

法人化して、

利益を得ていれば金持ち父さんなのだ。

 

テルは今までに、

不動産を29歳で都内にマンションを買い、

38歳で証券の時に郊外のマンションを買ったが、

貧乏父さんだったので売ってしまった。

 

貸すという行為は結構ハードルが高いので、

やらなかった。

お金持ち父さんは投資の勇気が必要。

100人いたらひとりできるか否かだ。

不動産時代の先輩は副業で不動産をどんどん買って

貸していた。いまは悠々自適の生活だ。

この人はテルの不動産の顧問格だ。

 

奥さんは一般的に反対する。

テルは買ったマンションを売ってしまって、

生活費に出してしまった。

二つの不動産を元手で貸家業を始めるべきだった。

不動産業者に聞きにいくべきだった。

銀行に事業資金をも相談すべきだった。

 

日本政策の金融公庫にいくべきだった。

法人設立で買うべきだった。

 

自動車も経費にできたのに。

41歳でリストラされた時に、

不動産業者になればべきだった。

それが不動産大バブルのあとだった。

あのときは考えたがやめた。

 

不動産業者に勤めれば良かった。

定年後に小さな不動産業者にアルバイト行って、

知ったのは、

そのオーナー不動産業者は、

マンションを三つ持って、

貸して不動産事業は数年に一回だった。

これならできたね。

今でもおそくないが。

 

不動産業者は、

不動産を買い取り転売は自由にできて、

税金は法人税で中間省略で安くできる。

 

慣れない業者でも他の業者の物件に客ずけできる。

転売が簡単。

実践では、

中古戸建てを首都圏では神奈川埼玉千葉なら、

1000万円で購入。

半分の頭金と半分は日本政策金融公庫から借りる。

栃木群馬なら300万円から500万円である。

地方では北九州や北海道や富山や福岡や仙台

などでもできる。

古屋は自分でも住めるし、シェアハウスでも貸せる。

安く買うには、ちょっとわけありの

道路付けの悪いやつや古いのがいい。

それと相続の事情のあるものが一番安く変える。

 

証券では、

やはりバフェットやジムロジャーズに学びましょう。

リートや世界株ファンドのような安定商品では、

大きくバフェットのようには稼げません。

個別で勝つのは、

まず節約と天引き銀行預金でお金を300万円は用意して、

バフェットのように景気に左右される素材銘柄ではなく、

コカ・コーラ、マルボロー、マクドナルド、シックひげそりなどの、

消費者から指名される銘柄で消費独占企業がいいと思います。

購入時期は、

リーマンショックやITバブル崩壊の後で買うべきです。

バフェット指数が100越えではなく、

50に近くで投資すべきです。

 

好況時では預金して、

不況時に買うのがいいでしょう。

事業経営はどうするか?

投資はわかったと思います。

しかし、事業経営は難しいですね。

設備のかかるレストランや、

フランチャイズはオススメしません。

労働の必要はものもオススメしません。

いまはネットが発達しているので、

ホリエモンがすすめるような、

1)初期費用ゼロ

2)在庫ゼロ

3)利益率の高い

4)定期収入のあるもの

がいいでしょう。

それはブログYouTubeアフィリエイトです。

 

よくテルが働いた不動産屋が、

蕎麦屋のフランチャイズをやれといってた。

それに英語の保育園をやっていた。

どうもどれも儲からない。

なぜなら初期費用が大きく、

利益が低いからでした。

 

そのオーナーは、

不動産で数年に一度、

大きな物件に狙いを定めていた。

アメリカとこれからの日本の違いには注意ですね。

ロバートキヨサキがうまくいったのは、

人口が増えてビジネスチャンスのあるアメリカだからうまくいったのか。

ジムロジャーズは日本はオワコンで若者は出ていけという。

でもジムロジャーズは日本でも暴落すれば買ってくると思う。

金持ち父さんはイメージが悪い

金持ち父さんはイメージがわるく、

貧乏とうさんは、イメージがいいですね。

学校の先生がすすめる。経団連のサラリーマン重役がテレビで

取り上げられる。

東大出の上級国民の官僚が持ち上げられる。

仏教の聖人は清貧がいいと諭す。

 

でもみんな貧乏父さんですね。

金持ち父さんのイメージが悪いこと。

パチンコ屋

消費者金融

ネットワークビジネス

儲かる商売はイメージ悪い。

不動産屋も証券屋もイメージ悪いけど儲かる。

 

アパレルとかはイメージいいけど儲からない。

ブログアフィリエイトもアフィカスと言われる。

儲かるものはイメージ悪い。

孫さんや

三木谷さんや

ホリエモンの教育する起業家たちは

社会に役立てたいと思っているのでしょう。

悪いだけではありませんね。