年収300万円の底辺を抜け出す宅建資格

いままでとった資格で本当に役立った資格は宅建です。

宅建は受験資格に学歴はいりません。

宅建は誰でもゲットできる。

 

合格には問題集を何度もやることです。

毎年でるのは引っ掛け問題で問題集をやると出来るのです。

スポンサードリンク

 

 

宅建を持っているとなぜいいのか

宅建は一生を通じて役立ちます。

しかも儲かります。

宅建をゲットすると

年収300万円の底辺の人がそこから

抜け出すのに役立ちます。

年収300万円の底辺を抜け出すには

副業がいるでしょう。

副業は不動産投資と株式投資です。

不動産投資をやるには宅建が役立ちます。

宅建は不動産税制を勉強します。

金融機関の担保は不動産なので

不動産を勉強すると金融にも詳しくなります。

この世の中で生きていくとき

役立つのは不動産と金融の知識だといっても

過言ではありません。

宅建で不動産屋を開業しよう

宅建を持っていると不動産屋が開業できます。

不動産屋を始める前には

貸家やアパートを購入して経験を積みましょう。

それに独立するとき貸家とアパートがあれば

一年間一件も仲介ができなくとも食べていけます。

不動産屋は少資本で出来ます。

在庫もいりません。

仲介だけでいいです。

金額が大きいので仲介手数料はかなり多いです。

まずは自分の家を購入したり

貸家をやったり

アパートを購入する過程で

取引の勉強をしましょう。

 

実務もなくても

宅建登録実務講習を受講すれば

二年以上の実務経験必要ない。

開業は150万円もあればいい。

少資本です。

事務所は自宅で出来ます。

 

不動産取引はどうやるか

1)まずは自分で貸家やアパートを購入する。

2)その購入した業者の物件を仲介させてもらう。

3)一年は仕事なくても暮らせるように自分で貸家を持っておこう。

4)なれてきたら資金を用意して古い貸家を購入し

  フルリフォームして500万円ゲットしよう。

5)資金は日本政策金融公庫で借りよう。

一年で一件の実績でも取引金額が大きいので

仲介手数料を多くゲットできるので200万円くらいになる。