人生は運次第

おばあちゃんの占い師に出会う

若い頃に祖母のお抱え

占い師にあった。

秦さんというひとです。

秦さんが言うには

自分は秦の始皇帝の子孫だという。

平安時代は占い師が重要視されていて

運勢や方角が大事にされていたね。

皇室にも占いの省庁があったよね。

陰陽師がいたよね。

運命は春夏秋冬

一時は天中殺とか流行ったよね。

運勢は春夏秋冬があるそうです。

運が絶頂になるのは秋だよね。

方角もある。

生年月日で星が決まっている。

僕は不動産が向いている。

パソコンが向いている星もある。

運のいいときに事業を始めよう。

悪いときは悪いことがあったほうがいいそうだ。

マイナスのときにマイナスがあるとプラスになるという。

 

スポンサードリンク

 

5回の転職経験でも星占いは正しい

転職の経験でも星占いは正しいと確認した。

僕の星は不動産向きでした。

それで不動産会社に入った。

証券に転職したけどこのときは

不動産アナリストだった。

外資系証券でアナリストに転職したときは

星の占いでは悪いときだった。

運勢がわるいときには就職が決まらず。

良くなってきたら商社系情報会社に決まった。

方角も僕の一番いい秋の方角だった。

 

高嶋易断の高嶋さんは横浜の人で

筮竹を使う易経の占い。

すごく当たったらしい。

高嶋氏はあの伊藤博文の専属占い師だったらしい。

血液型の性格や相性は役立った

運勢の他に僕の好きなのが血液型の話。

血液型評論家です。

これはよく当たる。

相性や好き嫌いは血液型に影響される。

日本人の血液型は

A型:40%

O型:30%

B型:20%

AB型:10%

日本はA型国家。

マツコ

原監督

などね。

おとなしい。

欧米は0型国家で

中国インドはB型国家と言われる。

欧米は中国やインドが好きらしい。

欧米と日本はどうもギクシャク。

これも血液型の影響のようです。

僕の実践で味わった社会経験からも

血液型は有効だね。

星占いもよく当たる。

ぜひ皆さんも勉強しましょう。