【不動産投資】再建築不可物件は買うべきか否か?

再建築不可物件とは?

現在の建物を壊したあとに新たに新築の建物を

建てられない物件をいう。

1)接道に問題のある物件

2)建築基準法の道路(4メーター以上)

に2メーター以上接するかどうか

3)市街化調整区域の物件

銀行融資と再建築の問題がありますね。

再建築不可物件の問題

1)銀行から融資を受けられない。

2)出口戦略が建てられない

再建築不可物件のメリット

1)めちゃくちゃ安い

2)賃貸するには問題ない

3)資産価値が低いので税金が安い

建築不可物件はある意味は購入できるよね。

キャッシュが必要。

三井住友トラストなら融資も可能のようだが

別担保を要求されるでしょうね。

三大都市圏の中心でしょう。

 

購入が簡単にできるか

再建築不可物件でも業者さんは買うようです。

だからいい物件は出てこないでしょう。

できれば物件を購入した業者さんと

仲良くしていい情報を得るように努力しましょう。

再建築はできなくても新築同様の

リホームはできるようです。

業者さんはレインズを見ていい物件が

あれば即買付入れるようです。

資金もあるからですね。

宅建を取って業者登録して

レインズを見れるようにすれば

投資に役立つと思いますね。