同一労働同一賃金とは

就活の皆さんや転職をする皆さんは、2021年4月からいよいよ中小企業の

同一労働同一賃金が実施されます。

この意味を確認しておきましょう。

同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。

引用;厚生労働省のHP

厚生労働省の同一労働同一賃金の趣旨説明

次のとおりです

 

正社員と派遣社員やアルバイトなどの待遇格差を解消せよ

というものである。

コロナ禍で正社員の待遇は派遣やアルバイトの待遇に

寄せられていくのではないかと危惧しますね。

ボーナスを派遣に年に2回上げる代わりに

その原資は正社員のボーナスを削って行われるでしょう。

家族手当なども、派遣社員やアルバイトに支給するか、

正社員の家族手当を削るか、正社員の家族手当を削って

その原資では派遣社員やアルバイトに家族手当を付与するか。

これからの動向に目が離せませんね。

2018年の非正規従業員は2120万人おり、

労働市場全体の40%もいるのです。

スポンサードリンク

派遣社員がもらえる可能性のあるものは

派遣社員が同一労働同一賃金の実施で

次のような可能性があります。

1)年収が上がる可能性がある

2)ボーナス支給される可能性がある

3)通勤手当や住宅手当が支給される可能性がある

ということは、派遣でも十分家族を養えることになるかも

しれません。

正社員を待つリストラについて

派遣社員などの非正規従業員の待遇改善には

原資が必要です。

そうなると、正社員の厚い優遇策を削って

原資をに練りだす必要があるでしょう。

そうなると、働かないおじさんなどのリストらや

年功序列の廃止や各種手当ての削減なども行われるでしょう。

つまり、

正社員の待遇を、

非正規社員にあわせていくことに

なるでしょう。

正社員に取っては、

茨の道かもしれませんね。

一度入社すれば、

勉強せずとも、出世できる年功序列と

終身雇用で守られてきた正社員の危機といえましょう。

関連ブログ

正社員の手当てが消えるのか?〜 非正規との格差是正が実現へ