誰でも年収1000万円を実現する方法とは

総合商社、大手コンサル、キーエンスなどに行ける人は除きます。

それ以外の普通の人が稼ぐには、

1)大学2年でベンチャー企業でインターンをする

2)フランチャイズ系のポータルサイトを立ち上げる

3)IT系のコンサルタント

4)独立してフリーランスになる

5)法人化する

中小企業への営業

多くの中小企業は、人材難で、従業員は能力がないので、

ネット系の商品を中小企業に営業すれば、

案外簡単に仕事を取れる。

そうすると1000万円は簡単に稼げます。

法人化で稼ぐ

法人化して中小企業を営業すれば、

利益で1000万円、年の利益が1億円になるのも

夢ではないですね。

1000万円を稼ぐ具体例

1)ベンチャー企業に就職しましょう

2)マーケティングの知識と法人営業の人脈が得られる

3)メディア企業に入り、メディアを売る広告営業でもいい

4)広告代理店でいろんな企業の広告運用をしたり

5)代理店として、いろんな商材やマーケティングツールを売ったり

6)法人営業をやりつつ、ウエッブマーケティングをやるのがいい

7)営業でいろんな人に会って人脈をつけてください

8)できれば1000人以上で

9)できれば偉い人に会う、平社員に会っても無駄

10)全員とフェイスブックで友達になるのがめちゃくちゃ重要

11)名刺管理アプリより、フェイスブックでつながるのが資産になる

12)会った人の会社のビジネスモデルを掴むこと

13)具体的にはその会社がどのくらいの売上規模で、顧客単価がいくらで

それを何人に売って、粗利がいくらかを把握することが必須。

14)粗利とは売上ー売上原価を把握して、何人に売っているかで

月の売上を把握できるようにする

15)これができると商談できちっとした話ができるようになる

16)これで商談の成約率ががったり、戦闘力の高い人が相手にしてくれる

17)理解して、本質を掴み、お客さんの利益を伸ばせるようになったら

18)これで法人営業100点。

他人を儲けさせられるようになるのが大事

19)自分が儲かるのではなく、他人を儲けさせることで、

自分が永続的に儲けるのが重要

20)全国の人口分布をマーケティングデータとして頭に入れてください

結論は人脈とスキルです。

テルは技術系で営業嫌いでした

テルは技術系で営業が苦手で、営業から避けて、

総務部門で、不動産に関連していましたので、

ウエッブ技術だけやってもだめなんですね。

人間力が重要なんだね。

成功者はみな自責の精神を持っている。

日本の人口の大半は自責の精神を持っていない。

なんでも人のせいにする人は成功しません。

自分が辛いときに実力がでる。

人間性がでる。

うまく行かないときに部下を守れるかがポイント。

マネージメントの経験が重要

日本はほとんど使えない人材だらけ、

それをどう使うかが経営の肝ですね。

自分を売り込んで、

業務委託でやりましょう。

社員にならないでください。

他の案件もやっていいですかといって、

承認をとれたら、

フリーランスとして独立できる時期です。

その後は、フェイスブックに連絡をいれましょう。

仕事をもらいましょう。

独立した人には、経営者は優しい。

ウエッブ系は掛け持ちできる。

30万円の案件を5つやることも可能です。

法人価格で案件が個人から取れます。

社員としてはウエッブ系は給料は安いです。

案件が来たら、独立しいている仲間に仕事を振って

仕事を回そう。収入は上がっていく。

行政書士が、新聞で仕事を募集して、

アクセスが増えたら、

仕事のない行政書士に中抜して、振っていって、

今は不動産投資のしごとをしてる人物がいますが、

同じことですね。

仕事がうまく取れなくても、

保険として、フリーランスに仕事を斡旋する派遣会社がある。

月100万円稼ぐのは簡単。

これで年収は1200万円ですね。