就活なら商社がおすすめだね

ビジネスやるなら大学は慶応大学がおすすめ。

慶応大学出ると三井系の会社がいいよ。

就活なら商社がおすすめ。

資本主義で生きるなら

基本は金融と商社。

金融は証券や銀行だね。

商売なら商社が面白い。

テルの経験でも

不動産と証券と行ったが

商社が一番おもしろい。

不動産は金融の担保だしね。

証券は起業など資本主義の根本。

事業をやるなら商社だね。

スポンサードリンク

商社がおすすめの理由とは

テルが商社をおすすめするには理由がある。

テルは43歳で三井系の商社に入り

定年まで勤め上げた。

ともかく商社は面白い。

商社は世界各国に支店がある。

商社はあらゆる業種に進出。

世界中から商売の種を集めて

それで事業を起こす。

日本の企業の世界進出を手伝ったり

シリコンバレーなど世界の起業のタネを

日本に持ってっくる。

そして稟議を上げて

五年単黒十年累損解消を目指して

リース会社

系列銀行

メーカー

他の商社など

集めて企画会社を作り

各出資会社から

人材を無給の出向で集めて

ノウハウは各社が提供。

企画会社から実業の会社に

するときに正式に資本を投資してもらい

営業や経理や技術などを

ブランドで募集する。

そして営業して

まずは単黒を目指す。

そしてうまく累損解消が見えてきたら

出口戦略で売っていく。

昔はそれが大会社になって

子会社になっていった。

人材は商社の中で不振な業界からでも

新分野に集める。

就活生なら商社がおすすめというのも

起業をするのと同じ感じ。

買収もあるし売却もある。

銀行では融資だけだけど

商社なら起業も経験できるので

おすすめだね。