ブラック企業とホワイト企業の違いはどこで判断か?

ブラック企業とホワイト企業の違いはどこで判断か?

テルは転職5回やってきた。

そこでは、

ホワイト企業やブラック企業を見てきた。

ブラックはサービス残業。

ノルマで従業員を競争させ追い詰める。

典型的な例が、

ワンルームマンションの営業。

ブラックだよね。

朝会で昨日の訪問件数を言わせて、

今日の予定を言わせる。

そしてできない連中を、

特別の椅子に座らせたりするね。

固定給プラス歩合給で給料はできていて、

いくら成績上げても歩合は増えないブラック企業。

これで食っていけるのは独身だけだね。

財閥系の不動産会社や証券会社や商社に在籍したけど、

財閥系の企業は基本がホワイトだね。

ホワイトは幹部はいい人でね。

従業員も助け合う。

証券は微妙でね。

営業は強烈だよ。

不動産会社は中小との連携でね。

中小はブラックとホワイトと両方だったね。

固定給の提携不動産会社はホワイト。

それで年功序列。

固定プラス歩合給の会社は、

ノルマ営業で若干ブラック。

儲かると固定給にして、

不景気には歩合給にする。

商社系は余裕あるね。

商社は基本ホワイト。

商売のタネを世界中から集めて起業させる。

孫さんと同じでファンド運営の感じだね。

だからテルは、商社系子会社をオススメする。

 

ブラックは即逃げよう

サービス残業とノルマの強制がブラック企業の典型。

三年勤めないと転職できないと、

上司がおどかすけど、

ひるまないで即やめよう。

退職代行は使わない方がいい。

弱い人間だと思われる。

まあ、

言わなければいいけどね。

派遣は止まり木にいいよ。

外資系がいい。

小さな派遣では、

簡単な仕事で釣って、

実際は瓶の詰め替えなど重い仕事に行かせる。

嘘もへいちゃららしいね。

転職の止まり木には、

警備員やマンション管理人はいいよ。

ともかく外資系派遣がいい。

コンプライアンスがよくできてた。

多くの若者が、そこの外資系の派遣会社で働いて、

休んで、

第二新卒で転職の応募をやってたよ。