千本 倖生(せんもと さちお)さんの演説に感動した

 

 

この動画の素晴らしさ。今後の日本の行末を話している。

 

千本 倖生(せんもと さちお、1942年9月9日[1] – )は、日本の実業家フロリダ大学Ph.D.)。イー・アクセス株式会社(後のワイモバイル株式会社)の創業者で、2014年3月まで同社取締役名誉会長を務めた[2]。2014年3月に同社取締役名誉会長職を退任。同年4月に株式会社レノバ社外取締役に就任し、2015年8月より代表取締役会長に就任。

人物[編集]

日本における通信事業開拓者の一人として知られる人物である。京都大学卒業後、日本電信電話公社(現在のNTT)に入社。フルブライト奨学生としてフロリダ大学へ留学し、電子工学の修士・博士(Ph.D.)の学位を取得。

電電公社近畿電気通信局部長(当時42歳)時代に自社・電電公社の通信独占状態に異議を唱え同社を退社。大阪のコーヒーバーで電電公社に対抗する新しい通信事業会社の構想を京セラ社長(当時)の稲盛和夫に説き、1984年に稲盛と共同で第二電電株式会社(DDI、現在のKDDI)を創業し専務に就任した[3]。DDIでは通信自由化により専用線事業、市外電話事業を興し、続いて携帯電話事業(DDIセルラー、現在のau)、PHS事業(DDIポケット、ウィルコム→イー・アクセスへの吸収を経てワイモバイルへ。現在はソフトバンクに吸収)を立ち上げ軌道に乗せ、1994年にDDI副社長 兼 DDI東京ポケット電話社長に昇格した。しかしDDIが成長するに従い、周囲に「壁のようなもの」ができたように感じるようになり同社を自主退社した(解任されたとの報道もある)。

1992年にカーネギーメロン大学客員教授1996年慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授に就任[3]。1997年にスタンフォード大学客員フェロー、2001年にカリフォルニア大学バークレー校客員教授、2006年にカンタベリー大学招聘教授を歴任。

1990年代後半にインターネット急速に普及し始めたことからADSLの回線卸を業とするイー・アクセスを創業(1999年)。この頃からソフトバンク孫正義をライバルとして意識するようになる[3]。2004年には当時の最速記録となる創業5年での東証1部上場を達成[4]2005年には、新規参入の携帯電話会社イー・モバイルを創業(2011年には親会社のイー・アクセスに吸収)、データ通信を中心とした契約プランで契約数を伸ばした。

2012年10月、株式交換によりイー・アクセスはソフトバンクの完全子会社となることを発表[5]日本経済新聞のインタビューの中で、KDDIからも同様の提案があったことを明らかにした上で、長年のライバルである孫正義のiPhoneに懸ける情熱に圧倒され、従業員や株主へのフォローが約束されたことから、交渉開始から約10日でソフトバンクへの売却を決断した、と述べた[6]

2014年3月にイー・アクセス株式会社取締役名誉会長職を退任。 同年4月に株式会社レノバ社外取締役に就任し、2015年8月より代表取締役会長に就任。

引用:wiki

 

5兆円のヴェンチャーを生み出すには。

 

千本さんは、NTTのサラリーマンだったという。小心者が大事。自分もそうだという。稲盛さんも慎重だった。

 

慎重な稲盛さんに、300ページのビジネスプランを提出して説得したという。

 

 

この方はいう、十歩手前で気づいてもだめ。半歩遅れてもだめ。0.5歩先に気づくこと。ここ大事。

 

巨大なベンチャーを作るときに大事なことだという。

千本氏のご意見では、今後の将来有望な事業は、

 

1)A0I

2)AI

3)仮想通貨 整備されたら巨大な市場

4)再生グリーン革命(グーグルもフェイスブックも日本の大企業も始める)日本は最低のグリーン度。

逆に言うと将来があるということ。

 

5)これは秘密だという。ちょっと知りたいよね。

 

イーモバイルはゴールドマンのハンクポールセンに

500ページのビジネスプランを持ち込んで説得し500億円ゲット。

 

その後日本の銀行も貸してくれたそうです。

 

大きなベンチャーを作るのに大事なことは

 

大事なことは、

1)まずやれると思うこと。ガッツが必要。

2)プロの最高のチームをつくること。

 

プロのCFOが大事。ホントのCFO。

千本さんは、ゴールドマン・サックスの若手を得た。

彼にはオプションを与えた。

CEOは、ケチではだめだそうです。

 

自分のものを与えてもいい。寛容なCEOが必要。与えろ。人材に与えよ。

プロの人材を集めることが大事。20%の持ち分でも大規模ベンチャーなら凄い金額になる。

 

一流のCOO、一流のCFO、一流のCMOなどのトップマネジメントを

お金をケチらずに高額で呼び込まないとだめ。

CEOは、ケチな人はだめ。

 

世界を飛びまわれ

 

最高級の人に会うのがポイント。世界を歩く。世界の誰でもいい。

稲盛さんに会えたのが良かったそうだ。

 

大事なのは、心のケミストリー。世の中を良くしようとしているかが大事。

 

自分のエゴ。自分が金儲けしたいではだめ。

 

世界を良くする。矛盾を解決する。純粋なマインドの人を探す。

 

75歳の千本さんの周りは枯れている人ばかり。

 

いまでも若いのは、

挑戦して行きていくから。

 

ベンチャー企業のレノバのメンバーたちは、平均年齢30歳。

業務はソーラー、風力などグリーンエネルギー。

 

自分が若々しいのは若い人と働くからだという。

 

命の危険もいっぱいあったという。世の中を良くしようということで切り開いてきたという。

 

 

経歴はどうでしょうか?

千本さんの経歴はどうでしょう。

 

氏の関係する大学は、こちら。

 

 

フロリダ大学英語: University of Florida、FloridaまたはUFとも呼ばれる)は、アメリカ合衆国フロリダ州ゲインズビルに本部を置く州立大学である。1853年に設置された。フロリダ州で最古、最大規模の大学で、フロリダ大学システムでは2番目、アメリカ合衆国では3番目の大きさを誇る[6]

引用:wiki

カリフォルニア大学バークレー校英語University of California, Berkeley)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレーに本部を置くアメリカ合衆国州立大学である。1868年に設置された。

カーネギーメロン大学(英語: Carnegie Mellon University)は、ペンシルベニア州ピッツバーグに本部を置くアメリカ合衆国屈指の名門私立研究大学である。1900年に設立され、略称はCMU。大学のモットーは、”My heart is in the work (私の心は仕事の中にある)”(創立者アンドリュー・カーネギー)。

スタンフォード大学英語Stanford University)とは、アメリカ合衆国カリフォルニア州スタンフォードに本部を置く私立大学。正式名称はリーランド・スタンフォード・ジュニア大学Leland Stanford Junior University)。

校訓は「Die Luft der Freiheit weht(:自由の風が吹く)」。サンフランシスコから約60 km南東に位置し、地理上も、歴史的にもシリコンバレーの中心に位置している。

カンタベリー大学(カンタベリーだいがく、英語University of Canterburyマオリ語Te Whare Wānanga o Waitaha、略称:UC)は、ニュージーランド南島クライストチャーチ市に所在する大学

引用:wiki

イーモバイルについては、

イー・モバイル英称:EMOBILE)は、ワイモバイル(旧・イー・アクセス)が2014年7月31日まで展開していた携帯電話部門のブランド。また、イー・モバイル株式会社は、同社の子会社で、2011年3月31日まで同事業を行っていた企業である。2014年7月現在時点でのキャッチ・コピーは『挑んでる?』だった。

種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-10-1
虎ノ門ツインビルディング東棟18階
北緯35度40分3.39秒東経139度44分42.23秒
設立 2005年1月5日
業種 モバイルブロードバンド通信事業
代表者 エリック・ガン(代表取締役社長
資本金 718億円
主要株主 イー・アクセス 100%
外部リンク http://emobile.jp/
特記事項:企業としてのイー・モバイルは、2011年3月31日付でイー・アクセスに吸収合併され、解散。

引用:wiki

 

 

レノバの概要はこちら。

種類 株式会社
市場情報
東証1部 9519
2018年2月23日上場
本社所在地 日本の旗 日本
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル27階
設立 2000年5月30日
(ごみゼロの想いをこめて)
業種 電気ガス
法人番号 7011001037180
事業内容 再生可能エネルギー事業の開発・運営
代表者 代表取締役 木南陽介千本倖生
資本金 19億53百万円
売上高 連結82億65百万円(2017年5月期)
純資産 連結74億84百万円
(2017年5月31日現在)
総資産 連結539億15百万円
(2017年5月31日現在)
従業員数 連結76名(2017年5月31日現在)
決算期 5月31日
主要株主 木南陽介 20.23%
住友林業 10.01%
(2017年5月31日現在)
関係する人物 取締役 水島 正、村山 利栄、南川 秀樹、蟹江 憲史、竹内 行夫、芳川 恒志
外部リンク http://www.renovainc.jp/

引用:wiki

 

今後の将来の分野を研究して行きたいね。

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログは年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で月収40万円

以上をコンスタントに稼いでいます。

労働以外しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

留学して英語も勉強しました。

27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めた。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

外資証券に転職後、すぐにリストラ。

そこで家族を抱えてさまよった。

その後、なんとかコネで商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立った。本社のビル

を探して賃貸契約を担当。

新築の本社の建設と賃貸契約の締結、

社宅の契約。端末の倉庫の契約、

携帯ショップの開業準備などで

不動産の知識が役立った。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

副業の経験を皆さんに情報発信して

行ければとこのブログをはじめました。