ジャパンアズナンバーワンだった日本

若い人は知らないだろうが、

昭和時代の日本は、

世界の工場で日本の黄金時代だった。

うって変わって、

平成時代の日本経済は、

不動産バブル崩壊の後始末で

低迷が長期続いた。

日本のだめな原因はなんだろうか?

1)高度成長時代は工場が中心のマネジメントだった

2)工場は日本の生産の四分の一なのにまだ工場制度が基本

3)現在はサービス産業中心の時代で、

自己投資や勉強するべきなのが、

工場システムで邪魔されてる。

4)経団連の企業の幹部は、

昭和時代の成功システムを継続で、

サービス産業時代に合わない。

バブル崩壊後日本は、

25年間 2000時間働いて、

平均成長率1%の成長。

一方欧州は、

1300時間で平均2%成長

これは大学進学率が日本より高く、自己投資して

新しい発明や工夫が行われているからだ。

 

サービス産業が主流の時代はどうしたらいいのか

日本の同質な労働力はお互いのコミュニケーションは

案外難しいのだ。理由は気を使い過ぎで理屈や数字でなく

仕事後の飲み会や二次会のカラオケなど、反対勢力を

説得するのに時間をかけすぎ。

欧米は多民族が混合しているので、逆にコミュニケーションより

数字で決めることで決断が早い。

それではどうすればいいのか。

1)早く帰り家で勉強して異業種の人と交流すること

2)大学進学率を今の52%を欧米並みの62%にすべき

3)就職面積でクラブ活動などでなく成績で取るべき。

4)大学院をもっと取るべき

5)消費の60%は女性の消費であるのに幹部は男社会

欧米は女性役員比率が一定水準を下回ると上場廃止処分。

 

質問です

1)全員男で

2)女性も外国人もいない

3)起業した人は一人もいない

4)全員副業もやったことがなく

5)最年少60代

6)全員サラリーマン

7)一つの会社に入って長時間労働をやって これは誰だ?

回答は経団連

この人達が日本を動かす だからだめなんだね。

日本の財政問題をいかに解決するか

もう一つの問題は老齢化と介護問題と財政問題。

解決方法があります。

それには定年の廃止です。

これで一石五鳥になります。

1)健康になって介護が減る

2)医療年金財政は好転

3)年功の考え消える

4)中高年が元気になる

5)労働力不足で老人働ける

ところで待機児童ゼロは、

小学校の校舎を使えばいいじゃん。

だめなのは官僚の縄張り主義。

なら官僚減らせばいいじゃん。

文科省と厚生労働省を合併させよう。