富裕層を商売のターゲットにするのが正解

富裕層の分析は野村証券研究所のリサーチが

勉強になるね。

これが調査結果で2019年のだね。

すごいねこれ。

1)超富裕層

5億円以上で9万世帯弱(純金融資産)

2)富裕層

1億以上から5億円未満で124万世帯

3)準富裕層

5000万円以上から1億円未満で341万世帯

4)アッパーマス層

3000万円以上5000万円未満で712万世帯

5)マス層

3000万円未満で4215世帯

 

あなたはどこに属するの?

これは不動産じゃないからね。

詳しい解説はこれだよね。

富裕層・超富裕層の純金融資産総額も増加が続くのだよね。

 

年収ちゃんねるの元大和証券の古川氏の話では

富裕層は金融商品で1億円だという。

超富裕層と富裕層だね。

古川氏の話ではサラリーマンではほぼ見たことないという。

退職金をもらった直後の人くらい。

企業経営者や元経営者だとか。

開業医、宗教法人オーナー、相続と地主、プロ野球、芸能人。

これ以外は大金持ちになれないという。

だから勉強して、いい大学入って、新卒カードで

一流の会社に入っても富裕層にはなれないよね。

お金持を見つける方法があるしょうです。

それは次の質問することがあるそうです。

それは「この商品一本ご検討いたしませんか?」

がいいようです。

そこで「一本って百万円ですか、一千万円ですが、1億ですか」いずれかの

質問が帰ってくるそうです。

これでわかるそうです。

回答は1億と答えた人が富裕層です。

富裕層の生活スタイルの違い

1)年収の多い富裕層

2)資産の多い富裕層

それぞれ違う。

1)年収の多い富裕層

この人はいい服着て、タワマンに住んでいて、いい車に乗っているけど、

経費もいっぱい使うようです。

アピールを上げることが年収上げるメリットがあるのよね。

2)資産の多い富裕層

この典型は、元経営者層や地主さんですね。

この人は別に富裕層をアピールする必要はないので、

地味な姿の人が多く質素です。

茶色のポロシャツとかね。普通の家に住んでいる人が多い。

ときにはあばら家なのね。

金融資産とかビルや地主など

不動産資産を持ってるアピールはメリットないのよね。

狙われちゃうからね。

証券とか不動産営業とかしつこいでしょ。

証券営業は年収の多い金持ち風の人でなく、

地味な不動産投資家や株保有者なんだよね。

YouTubeでブイブイしてる人は

富裕層じゃないということだね。

富裕層は成長株は買わないのよね。

ダウンサイドリスクのない

日本株や米国株のインデックスや

米国債などなんだね。

テルは不動産会社と大手証券会社に入ったけどね

テルは富裕層を相手にする業種を狙ったのよ。

大学院で教授になろうと思ったのも、留学したのも

金持ちに会えるからね。

不動産会社では一般の不動産営業対象は、

アッパーマス層やマス層だったね。

富裕層相手のセクションは別にあって、

等価交換のセクションや

都内高級タワマンの仲介事務所だった。

大手証券では営業はやらなかったけど。

多くは金融法人の特金や

外国ファンドのマネジャー相手だったからね。

不動産の会社の給料が、

大手証券に転職した途端に給料が倍になったよ。

課長では住宅に10万円の補助があった。

億円の給料ねらって外資系証券に転職して、

リストラされたけど、

お金持ちになりたければ、

やっぱりM&Aなど外国系の投資銀行でしょう。

それなら大儲けだろうね。

起業もいいけど。

これはむずいよね。

 

おすすめ本

50万円でインターネットから中国3億人富裕層と商売する方法