お金持ちのコンフォートゾーンに入る方法

貧乏のコンフォートゾーン

お金持ちのコンフォートゾーンを語る前に、

お金持ちのコンフォートゾーンを拒否する、

いわゆる、

貧乏のコンフォートゾーンを知っておきましょう。

与沢さんも言ってましたね。

彼は、

地元のグループで付き合ってたが、

ある時そのグループから離れて、

早稲田大学を狙って、

お金持ちのコンフォートゾーンに入っていった。

これに気づいたのは、

お祖父さんが、

旅館経営の経営者で、

そこで育ったからと、

テルは考えました。

テルの親は、

大金持ちではありませんでした。

幼稚園は、

最初こそ貴族の経営で、

ごきげんようと挨拶する学校でした。

テルは、

田舎のお寺で育ったので、

方言丸出しで、

先生から追い出されたのです。

そこで、

共産党員経営の幼稚園に入れられたのです。

意味不明でしたが、

空いていたのはそこだけだったのかも

しれません。

お金持ちのコンフォートゾーン

ではなぜ、

お金持ちのコンフォートゾーンに入ったのか。

母親が美容院経営で、

祖母も美容院経営でしたから、

経営者的発想で教育したのでしょうか。

 

実は、それでもなかったようです。

母は九州の料亭の娘だったようです。

乳母に育ったセレブだった。

でも、

戦前の1929年の大恐慌の影響で、

これは昭和4年だったのですが。

ここで倒産したのでした。

 

事業への意欲は、

それが原因だったようです。

信金借金して、

大工に依頼して、

平屋を美容院に改修して、

美容院の設備を買い入れて、

従業員を雇って、

美容院の経営をやったようです。

テルは、

それを見て育ちましたね。

 

アパートも経営したし、

土地も家も、

郊外に買っていた。

テルは、

ある意味、

この母の作品だったのよね。

宅建を取れといわれ、

よい映画を見させられた。

留学をすすめてくれたし、

中華料理屋

焼肉屋

焼鳥屋

などで食事をしたり、

ホテルで食事をしたり、

夏は別荘に滞在しました。

お店の人の厚生施設でもありました。

 

多分、成長過程で、

セレブなコンフォートゾーンを、

越えていたと思いました。

スポンサードリンク

子供をセレブにしたいならコンフォートゾーンに入れましょう

自分のコンフォートゾーンを、

セレブに入れて置けば、

会社も、

コンフォートゾーンの会社に入れる。

子供が勉強が嫌いでも、

手に職を与えて起業させて、

コンフォートゾーンを

セレブにしておけば、

すでにコンフォートゾーンは

セレブになってるので、

お金儲けのレシピであるような企業経営や、

作曲や、

ブログやYouTubeアフィリエイトや、

リサイクル屋や、

転売や、

ゲーム配信などで、

お金を稼いで、

将来セレブになるでしょう。

子供の頃に、

ピアノやバイオリンなどの

教室に行かせたり、

世界文学全集や、

世界絵画全集などを

買い与えるのも、

セレブな人の話題は、

教養が必要なので、

セレブなコンフォートゾーンに入ると、

自然とセレブを目指した努力をしていくのです。

 

セレブになるのは、

学歴だけでなく、

商売をやる意欲と、

セレブなコンフォートゾーンであることを忘れずに、

あなたもセレブになって下さい、

子供もセレブな、

コンフォートゾーンで育て

ましょう。

子供の教育は、

大変重要なのです。

セレブなコンフォートゾーンをつくることに

注力しましょう。

苦労して事業を起こした経営者は、

子供を、

有名塾や有名大学や、

留学させるのは、

セレブなコンフォートゾーンを作るためでしょうね。