コロナ後の世界は在宅勤務の世界

コロナ禍でニューノーマルになったと言われる。

その中でも一番は在宅勤務ですね。

感染の可能性が高い満員電車での通勤を

避けて、リモートワークによる在宅勤務が

推薦されて、多くの企業が導入したが一時頭打ちとなったが

冬からのコロナ第三波でもう一度注目されるように

なってきた。

外国に比較してまだまだのようだ。

在宅勤務の他にも

外国と比較して遅れているのが、

eコマース

キャッシュレス化

オンライン教育

オンライン医療

でしょう。

スポンサードリンク

在宅勤務を望む人が80%なのに実態は30%

在宅勤務の実態

在宅勤務の実態は、

ドイツ80%、米国60%で、

日本は30%をわずかに上回る水準だそうです。

中国、インド、メキシコなどでも50%以上だという。

日本の遅れの原因は

1)「オフィスでの仕事が基本という考え」

2)紙文化やハンコ文化の伝統、

3)社内ネットワークへの在宅接続の危険性、

4)サイバー攻撃に対する脆弱性が指摘されている。

不安要因の解決方法

1)制度改革やネットワークの最新化

2)クラウドの利用などで解決

3)クラウドシステムの使用

4)物理的なサーバーを設置せず少額の初期投資で、

在宅勤務に適したネットワーク構築も可能

ZOOMとか

早期退職制度でリストラが行われると

50代がいなくなり

ハンコ管理者や

リモートできない人が

いなく成る。

 

関連動画

経験者が語る 50代で早期退職で無職になって面食らう現実