社会で学ぶ役立つ法律用語

大学で学ぶ専門では経済学や簿記は確かに役立つ。

社会に出て本当に知っておきたいのが

法律用語。

テルは宅建や不動産鑑定士専門学校で

民法を習った。

まずはナニワ金融道の物語で出てくる

法律用語。

民法は習っても実際の現場で習得しないと

身につかない。

宅建を勉強するときには、同時にナニワ金融道や

ミナミの帝王やカバチタレを

読むことをおすすめする。

宅建の知識と相性がすごくいいのだ。

行政書士は取ることを推奨したい。

テルは経済系大学出たけど

大学院は法律系に行くべきであった。

法律系はオススメだ。

スポンサードリンク

社会人で役立つ法律用語

1)連帯保証人

連帯保証人に対して債権者は債務履行を請求できる

安易になってはいけない

2)白紙委任状

白紙委任状を取ることで競売や公正証書作成に

有利になる。安易に書いてはいけない

3)手形の裏書き

裏書きをしたものが手形の権利者

4)相保証

お互いに連帯保証をすること

これもやるべきではない

5)担保

お金を貸す時に不動産に担保をつけて

債務不履行なら不動産の競売してそのを保全できる

6)債権買取

7)公正証書

裁判にかけないで実行できる

8)内容証明(配達記録)

9)競売(けいばい、きょうばい)

不動産の競売が典型的だね。

10)善意の第三者

11)動産

占有が権利者という理屈

不動産は登記は善意の第三者に対抗できるが

登記があっても所有を保証するものではない。

12)質権

動産につける担保だね

13)商品先物

やめたほうがいい。

14)労災保険

15)道具屋

16)強制執行

17)差し押さえ

18)執行官

19)任意売却

※ 法律改正の場合もありえます。自分の責任で調べてください。

 

大学で学ぶことができる法律

1)民法

2)商法

3)会社法

4)手形法

5)建築基準法

6)労働基準法

7)借地借家法

大学出ることは役立つ。

宅建の勉強や不動産鑑定の勉強でも

法律は学ぶでしょう。社会に出て役立つよ。

大学でなくても宅建の教科書で学べます。

実践で経験しないと体得できないけどね。

※宅建の他に賃貸不動産経営管理士の取得をおすすめします。