不動産投資は賃貸相場の読みがポイント

不動産投資で賃貸相場が読めないで投資すると危険だね。

副業で不動産投資するときには、一年以上本で勉強です。

投資の安全な手順

1)親の貸家やアパートを相続する

2)親のマンションや親の戸建てを賃貸とする

3)賃貸相場を読めないとだめ

4)古屋はリホーム代金に注意

5)団地の物件を買って改修して貸す

6)古い戸建てを買って改修して貸す

7)次の古いアパートを買って改修して貸す

8)古屋を買って壊して新築アパートにして貸す

 

テルの経験したり知っている不動産投資

1)自宅としてマンションを購入して上がったら売って儲ける

3度自宅を買ったが、2度は売り抜けた。

貸家は売るときに値段が下がる。

自宅は売りやすい。

安い時に買ったので儲かった。

 

2)札幌でマンションを貸していたが

管理人が勝手に管理していた

3)アパートの借り主が家賃滞納した

4)賃貸は難しいと実感した

5)古屋を修理して賃貸した

不動産投資が厳しいケース

1)新築ワンルームマンション

利益をたっぷり載せて売られる

買ってすぐにうると80%にすぐなる

家賃保証や年金になるとか節税になるというが

あやしい。

2)利益がたっぷり乗ったシェア住宅の新規投資物件は注意

3)家賃保証はいつでも借り手がやめられる

4)100%のローンで支払いができず投げ売りになって

借金だけのこって破産するレベル

投資に必要な知識

1)宅建の知識

境界、道路付け、下水上水管の太さ

擁壁、崩壊地域など

2)建築知識

改修費の見積もりのチェック

3)ハウスクリーニング実践

4)ホームセンターでのバイト

5)お抱え工務店、お抱え仲介屋、お抱え税理士が必要

以上のスキルを体得してから実践しないと騙される。