持ち家をただで手に入れる賃貸併用住宅

持ち家はローンで大変だと言われているよね。

持ち家は負債になるという。

でもね。

持ち家も何度も買いましたが

今までは売って儲けましたよ。

まあこれからは値上がりしないといいますよね。

 

そこで考えがあります。

それは賃貸併用住宅を建てることです。

 

1)上下でと賃貸部分と自宅部分を分けるケース

1階を自宅にすれば、庭を使える。

2階を自宅にすれば上の音の問題が防げる。

子供部屋として使えるし

田舎の親を引き取ることもできる。

この点は連棟でも同じだけどね。

2)横に連棟の住宅をつくって

子供がいるケースでは音の問題で

上下にするのはやめて連棟にすべきだね。

 

一方は自宅として一方は貸家にする。

そこで住宅ローンの支払を

貸家の賃料で払えば

家賃収入で持ち家のローンを払えれば

ただで自宅が手に入るのですね。

一挙両得だね。

スポンサードリンク

ポイントは賃貸併用住宅は住宅ローンで買える

賃貸併用住宅の良い点は、

無駄なく敷地を活用できる。

 

条件によっては

賃貸部分の住宅も金利の住宅ローンがつくのだね。

ただ金融機関によっては別々の扱いに

なることもあるので注意は必要なんだよね。

 

利益が多く乗っているケース

また賃貸併用住宅を建てて売ろうとする

建売業者が利益を載せて

相場より高い場合があるから

注意が必要だね。

 

大家さんになるメリット

1)青色申告で10万円の所得控除

2)家の50%を減価償却でき所得税圧縮できる

3)その他の経費が使える

4)相続税で軽減されます

大家さんになるデメリットは

1)売るときに売りづらい

2)賃貸部分が貸せないと困る

賃貸住宅に詳しい工務店に依頼する

3)借り主がいるのでクレームとか管理とか面倒

管理会社に任せる