リストラや派遣切りされた人が選ぶべき5つの選択

世界的な不況の動きで、これからは、

リストラが激しくなります。

派遣切りはすでに起こっていますよ。

困ったときに食い物にする輩がいますよ。

注意しましょう。

プロミスやモビットなどの借金を借りると

高い金利で首が回りません。

テルは外資の証券会社でリストラにあいました。

スポンサードリンク

 

5つの解決策とテルの経験

 

1)失業保険を受けとる

雇用保険に会社が入っている場合は、

会社都合なら1ヶ月後から支給されますよ。

支給される期間は人それぞれですが。

人事部やハローワークに相談しましょう。

アラサーで年収300万円ならば、

月15万円を三ヶ月はもらえるでしょう。

 

テルは外資系証券にリストラされて

失業保険をもらいました。

 

2)緊急小口資金貸付

民間の消費者金融はだめですよ。

国がお金を貸してくれますよ。

無利子で保証人なしの貸付 です。

最大で80万円を借りられます。

20万円は返せない場合は実質給付 です。

詳しくはネットでリサーチしましょう。

 

テルはこれを受けた経験はありません。

 

3)職業訓練給付金をもらう

失業保険がない人は求職者支援制度があります。

月10万円の給付金をもらいながら

職業訓練を受けられます。

1 ハローワークに求職の申込みをしていること

2 雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者でないこと

3 労働の意思と能力があること

4 職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークが認めたこと

 

テルは何度もこれを受けようと申し込みましたが、

一度もチャンスをもらええませんでした。

テルはウエッブ講座を申し込みましたが

不合格でした。

 

4)日払い単発バイト)を探す

・単発ワークの「タイミー」や

「UberEats(ウーバーイーツ)」 や

「キッズライン」でベビーシッター

などのいわゆるギグワーク や

日払いでなんとかしぎましょう。

テルは、日通の引越しのバイトや正月の郵便局でバイトしました。

派遣もやりました。外資系の派遣会社がおすすめです。

知り合いのはなしですが、

日本の派遣会社では、

言われた仕事と実際は大きく違うケースが

あるようです。

 

5)生活保護を受ける

どうしても働けないケースでは、生活保護を受けましょう。

社会の制度として生活保護があります。

生活保護を受けて自立を目指しましょう。

ひとりで相談に行くのは大変 です。

そこで福祉事務所や社会福祉協議会などに相談しましょう。

行政書士に依頼する方法もあるようです。

NPOも頼れますよ。

7)フリーランスのための資金繰り支援

日本政策金融公庫が資金貸付を

してくれます。

0.2%程度の超低金利で貸付 してくれます。

行政書士に相談するのもいいでしょう。

消費者金融はやめましょう。