不動産投資の逆風をどう乗り越えるか

株の暴落のあと通常六ヶ月後に不動産は大きく調整する。

今回は六つの逆風が吹くでしょう。

1)オリンピックが終わると不況が来る

2)人口減社会の到来。

今は一億2千万位だけど、

6000万人に向かって減っていくと言われる。

3)中国人投資家が売ってくるしもう買わない。

4)不動産を求める45才の団塊ジュニアが

ピークアウトする。

5)銀行が融資を絞ります。

これで都内の物件も坪単価が300万円ですが

先祖帰りの坪単価が200万円になるでしょう。

加えて羽田新ルートで日本の不動産単価の高いエリアに

飛行機を飛ばすおろかな行動でさらに

不動産は下がりますね。

これからは数年は新規投資は見合わせましょう。

株の暴落とリストラや給料の低迷で不動産不況の時代の

時代でしょう。

工場が閉鎖するとアパートが空き家がでてくるでしょう。

小売りも売れないので商業施設のテナントが

減るでしょう。

ホテルはインバウンドの不調で

潰れたり閉鎖するでしょう。

リートもヤバイよね。

実家が空いてくるよね。

売りが増えるよね。

企業もネットでリモートワークで通勤も減るでしょう。

スポンサードリンク

それではどうするか

 

まずは数年は新規投資やめよう。

今後は団地の物件の検討。

田舎の別荘需要を検討。農業と倉庫がわり。

場所はリニアの長野や千葉の木更津に注目。

民泊もダメでしょうね。

シェアハウスもダメでしょうね。

地方は工場が閉鎖するとアパートが空き家が増えるよね。

郊外の学校は都心に戻るでしょうね。

そうするとアパートが空き家が増えるよね。

 

古い戸建て投資は地方の古戸建てに注目。

札幌の郊外の北広島や、

神戸の近くの姫路。

古戸建てだよ。

福岡近くの北九州市とかね。

 

現金で数十万円で古屋を買って自分でリホームして

生活保護のひとに貸すとかね。

行政書士をお抱えにしてね。

 

年金生活者も食えず地方の戸建てに行くかもね。

ともかくここ数年はよく様子を見てから

投資は検討するだけで十分かもね。

株はどうかな

株はね。

テルの経験では、三段上げの三段下げと言う。

あげるときは百日で下げは三日という格言がある。

株も落ちるナイフはつかむなと言う。

床に刺さってゴロゴロ転がってから買う検討でじゅうぶんだわさ。

じっとしてしてるのがいい。

 

株やFXのアフィリエイトで儲けるやからが、

いろいろいうけど聞いてはダメでしょうね。

 

会社にしがみついて振り落とされないようにがんばりましょう。

ネットの仕事は増えるでしょうね。

UberEatsとか、収穫のてつだいとか。

いざとなったら釣りをして魚をとるとか。

物は運ぶでしょうから車で運送のバイトとかね。

それでは、

大不況時代を乗り越えましょう。