リクルートに見るグローバル化と日本の行末

堀さんのグロービスでリクルートのことを聞いた。

シニアになると会社から離れて、

情報は、You Tubeやブログやツイッターや新聞から

入ってくる。

でもブロガーやアフィリエイターや、

プログラミングを売る人ばかり。

あとは誰だかわからない人だらけ。

世間が狭い。

財閥系の会社にいて、テレビではテレ東で

ビジネスサテライトとか見ていた。

 

いまは、ブログYou Tubeアフィリエイトやるので、

イケハヤさん

マナブさん

もふもふさん

などなどに偏ってしまった。

もうブログYou Tubeアフィリエイトはもう

あきてしまった。

狭い世界だね。

 

経営コンサルの人のYou Tubeもみた。

一番いいのは堀さんのグロービス大学のYou Tubeがいいようだ。

慶応大学の社会人講座も受けてみたい。

 

柿本さんの年収ちゃんねるもいいね。

働いている人の本音が聞ける。

 

PCからスマホに一気に役員も交代

リクルートはPCからスマホ変換して、

スマホ体制にするために、

2012年に今の社長である峯岸真澄氏に交代。

PCサービスからスマホサービスに一気に転換。

技術思考とグローバル志向に転換。

海外企業を買収。

 

売上の2兆円のうち1兆円は海外での売上。

インディードの海外の担当のロニーコーハンが取締役。

これから役員に入って来るらしい。

いよいよ本格的なグローバル企業ですね。

日本は人口減でもう本気でグローバル化するしかない。

ヤフーもいい例だ。

PCからスマホに変わるときは、従来の仕事をする中高年が

抵抗勢力になると思うけど、孫さんの鶴の一声で

ヤフーの社長に川邊健太郎氏への交代が進んだ。

その時の孫さんの言葉は、

「PCを一気にスマホにするから君に社長をやってほしい」

だった。

リクルートの社長交代もまさにこれと同じだった。

社長交代を進められたのはリクルートの社風だろう。

 

45歳の早期退職とグローバル化本格化へ

岡島悦子氏の話では、

日本の企業では、ヤフーやリクルートのように、

PCからスマホの時代へ変わるときに、

PCでやっていた中高年は、

バブル世代で多いので、

ゆるい年功序列なので、

もうお金を払って、

PCの中高年さんには、

出て行ってもらうべきとおっしゃる。

 

テルのYou Tubeでも、

働かないおじさんというのが受けてます。

45歳の早期退職制度はまさにバブル世代が大量にいるのです。

まさにPCからスマホに変わっていよいよ、中高年のリストラと、

グローバル化が本格化するのでしょうね。

子供を海外で育てて、

グローバルで対応する世代がそのうち出てくる。

人口減で1億2000万人が、

そのうち半分の6000万人になるときに、

企業も労働者も、

グローバルな社会に変わらないと生きていけない。