バフェット指数が危険水域

あの有名なウオーレンバフェットが投資の判断に使っているのが

バフェット指数だ。

大手証券にいたけど聞いたことがなかったけどね。

ほとんどの日本人には知らされていない。

さてそれではバフェット指数とは?

 

バフェット指数 = 株式時価総額 ÷ 名目GDP × 100

一般的には、バフェット指数が100を超えると株が割高になる。

アメリカ株では、

最高は、ITバブルのときに140.5だった。

 

2019年の11月には超えてきた。

 

だから、かなり割高ということになる。

今回の中国の新型ウイルス騒動によっては、

いよいよ、暴落になるかもしれませんね。

 

 

 

 

バフェットはすでにキャッシュにして暴落を待っているようですよ。

リーマンショック前は100%を超えていた。

暴落して底打ちは50%まではいくようです。

 

ただし、バフェット指数が100超えても、

すぐに暴落するわけではありません。

 

日本も同じ判断でいいでしょう。

 

 

投資判断の一つとして使ってください。

 

トランプ大統領は選挙が終わるまでは株価維持を図るだろうが

終わったらどうなるかわかりません。

 

スポンサードリンク

高値圏では目一杯の勝負はだめです

 

いずれにしても目一杯投資するべきではなく、

暴落覚悟で、短期勝負したい人がやるべきです。

 

証券業者は手数料がほしいので、

いい話ばかりします。その話に乗らないでください。

 

株が高値圏にあるということは、

暴落すれば、不動産も下がるでしょうから、

不動産はすぐに売れないので、

早めに、不動産は処分がいいでしょう。

 

株も不動産も、

キャッシュにして暴落を待ちましょう。