藤田田さんのユダヤ商法

 

お金持ちと言えば、

ソフトバンクの孫さんが有名ですよね。

かれは株の配当を、

めちゃもらっていてお金持ちだね。

 

配当は税金が安いのだね。

配当は20%の源泉税でポッキリ。

 

サラリーマンは年収が2000万円だと、

所得税や住民税や社会保険料でなど手取りは

1300円万円くらいだよ。

 

学校では累進課税ということで教わる。

金持ちから取れって言う庶民感情で作られてる。

 

では配当はなぜ20%の源泉税なのかというと、

資本主義経済の日本では経済の成長のエンジンは、

企業なんだよね。

 

株主は資本を使ってリスクを取るし、

損もするので、

配当課税は優遇されてるのだね。

お金持ちはここを利用するのだね。

 

労働は簡単で、

時給で稼げるので、

ともかく時間が経過すれば稼げるからね。

 

お金持ちの孫さんが、

高校のとき読んだ本が、

藤田田さんのユダヤ商法だった。

孫さんは感動してアメリカに留学する前に

藤田さんに会いにいったのだね。

 

実はテルも読んだんだね。

その藤田さんのユダヤ商法を学んだ。

 

スポンサードリンク

ユダヤの二大商品とは

 

ユダヤの二大商品はなんだと思いますか。

後で話しますね。

 

孫さんは、

忙しかった藤田さんに、

直接会いに行ったのですね。

 

孫さんは、

これからアメリカに行くなら、

何を藤田さんは勉強しますかと聞いたんだね。

 

このころ藤田さんは、

日本マクドナルドをやってた時で忙しかった。

 

おsれではどうして、

忙しい藤田さんに会えたのでしょう。

 

それは、

若い頃藤田さんも、

若い頃に当時の有名な、

パナソニックの松下幸之助さんに会いに行ってたのです。

そこで藤田さんが、

孫さんの質問に答えたのは、

自分がこれからアメリカに行くなら、

コンピューターを学ぶって言ったそうです。

 

情報がだいじですね。

テルにもチャンスがあったのですが、

テルは不動産とホテルに興味があったので、

コンピューターには行きませんでした。

MBAの授業では大型コンピューターとフォートランという

ソフトは授業で学びましたよ。

 

テルは外資系証券でリストラされて、

コネで商社に入ったときに、

1993年でしたが、

商社の幹部の方はこういいました。

 

これからはおすすめできるのは、

情報産業ですとおっしゃった。

 

このときにも、

テルはリートをいたいので、

不動産部門にいかせて欲しいと言いましたが、

幹部の方は、

不動産はいまは、

リストラで売却中ですとのことでした。

テルは運が良かった。

入社したときには、

ウインドウズ95の二年目でした。

 

最初のしごとは、携帯の営業でした。

auを売りました。

 

その後には、

インターネットのプロバイダー会社に、

出向になりました。

運が良かったですね。

 

藤田さんがGHQのユダヤ人から学んだのは、

商売は女性の商品と口の商品だと言うことです。

 

男性は稼ぎますが、

女性に渡して女性が使うからですね。

 

もうひとつの口の商売は、

食べたり飲んだりするものですね。

 

食べたり飲んだりすると、

排泄してまたすぐに食べたり飲んだりしますね。

 

藤田さんは、

高級な女性が好むバックや、

時計やジュエリーを輸入して、

販売して種銭をためたようですね。

 

そして、

口の日本マクドナルドに投資したのですね。

 

女性向きの商売は難しいそうです。

口の商売は誰でもできるようです。

 

あなたもお金持ちになるには、

藤田さんを参考にしてくださいね。

 

コンピューター関係もいいようですね。

テルもブログとYouTubeアフィリエイトやって行きます。

 

転売なら女性用がいいですかね。

服も靴も食べ物も子供のおもちゃも、

大きく見れば女性の商品なんでしょうね。