オリンピック後にいよいよ不動産大バブルはオワコンか

今年はオリンピックの年ですね。

あちこちでビルが建ってます。

オリンピックが始まると、

インバウンドとオリンピックの熱狂で景気は持続するでしょう。

でもそれが終わるとどうなるか考えましょう。

前回の東京オリンピックのあとは、

きつい不況になったのだね。

テルは中学生だったから不況はよくわからなかった。

景気変動や株価の長期のチャートを見ればわかるよね。

不景気になれば、

株も急落して人口減もあるので、

縮小経済になる。

不動産は売れなくなると思う。

中小の不動産業者は潰れると思う。

ビルを保有する大手デベロッパーは大丈夫です。

管理棟が多い住宅デベロッパーは生き残るでしょう。

スポンサードリンク

政府は公共投資を拡大するでしょう

政府は、

公共投資に予算をつけていくでしょう。

カジノは大不況用に残すと思う。

羽田空港の新ルートもマズイので、

東京湾に大空港が出来ると思う。

横浜と川崎と羽田を結ぶ貨物線路が旅客用に

されて再開発が行われると見る。

大不況を乗り越える方法は、

都を移す方法もある。

再開発を活発にする。

公団を容積を増やして立て替えさせる。

古い民間マンションも古くなったら

立て替え出来るように、

容積を増やすと思う。

安部さんのように、

海外にお金を配るのではなく、

少子化対策、国内に投資をやっていく。

政治家は国内派閥が出てくると思う。

郊外の不動産は売れるうちに売ろう

郊外の不動産は売ろう。

そのお金で暴落の時に購入しよう。

米国の証券投資でもうけよう。

メーカーや小売りなど給料の少ない業界にいるかたは、

転職しましょう。

業種を変えて儲けよう

稼げる転職は証券など金融です。

歩合で稼げる不動産業もいいです。

プログラミングできれば情報企業がいいです。

転職したら副業をやろう

転職したら副業をやりましょう。

将来は独立して起業も最終目的です。

副業はおすすめは、

不動産投資と証券投資です。

学生さんなら英語をやりましょう。

宅建をとりましょう。

簿記を勉強しましょう。

プログラミングなど情報系を勉強しましょう。

テルは、業界を変えて給料を上げました。

宅建があったので、

将来は独立できるように不動産会社に入りました。

七年後に続けても、

給料はあがらないことや、

資産運用の技術を得るために、

大手証券に転職しました。

MBA留学が役立ちました。

給料は400万円台がなんと、

800万円台になってビックリ。

しかも住宅手当てが月に10万円だった。

億円を狙って、

スイス系の証券会社に転職しました。

リストラされてしまった。

コネで、今度は商社業界に入った。

情報系のネットの会社だった。

商社は就活でおすすめだね。

子会社でいい。

商社は経営コンサルに役立つよ。

世界中の支店からビジネスのネタを集めて

企画会社を作って、

銀行やリースやメーカーを集めて、

資金はプライムで集めて、

人材募集はブランドで集める。

他社のネットワークで協業して、

最後は出口戦略で売っていく。

テルもお陰でコンサルの勉強になった。

皆さんにもおすすめする。