不動産賃貸業を家業にしよう

大学では宅建を取ろう

テルの長年の経験で、

不動産賃貸業を家業にするのがいいと思った。

中卒やF欄大学でもできる方法を、

お教えしましょう。

まずは勉強してF欄大学でもいいので入りましょう。

それから大学では宅建をとりましょう。

将来の夢は不動産賃貸業をやることです。

学生時代のバイトは、

ハウスクリーニングや

残留物の処理や、

ホームセンターでバイトしましょう。

運転免許はとりましょう。

財閥系子会社に入ろう

そこで出来れば、

仕事が楽な財閥系の会社に入りましょう。

不動産賃貸業は投資事業なので資金調達が最重要ポイントです。

そこで、銀行の信用が絶大な財閥系の子会社にはいるのです。

親会社は無理なのでやめましょう。

出来れば慶応がいいです。

慶応の三田会の不動産はすごいですよ。

連携がいいのでいい物件が手に入ります。

 

預金と節約に努めましょう

本多清六さんの節約法を実行しよう。

給料の四分の一の天引き預金をやりましょう。

新入社員の給料は20万円位なので、

月5万円預金で年間60万円貯めるましょう。

五年後の27歳で300万円は預金できます。

出来れば実家にいましょう。

節約に勤めましょう。

高級外車

ギャンブル

酒やタバコなどはやめましょう。

結婚はまだやめましょう。

よく相手をみてください。

将来は不動産賃貸業を一家でやる夢を一緒にやってくれる

お嬢さんを選びましょう。

頭金300万円で古谷投資をはじめましょう

最初に300万円を頭金で古屋不動産投資を

始めましょう。

最初が肝心です。

古い一戸建てを買って貸しましょう。

最初の物件は、

親の相続がいいのですが、

まだ無理なので、

分譲地ではなく、

擁壁のない、

平らな土地にしましょう。

駐車場は必須です。

駅から20分でもバス便でもいいです。

出来れば駐車が二台ほしいです。

修理代金は賃料の三年分

物件は賃料の三年分の修理費が限度です。

古屋は、

白蟻や、

壁のチョーキングや、

水道の古さに注意です。

屋根の雨漏りにも注意です。

境界の石の確認や、

四メーター公道に二メートル接しているか確認してください。

修理をお願いする工務店さんに、

同行してもらいましょう。

借金は50%に抑えよう

借金は50パーセントに押さえましょう。

安く買うためには、

オーナーが遠くに住んでいて、

早くてばなしたい人を探しましょう。

そこで、

残留物や解体費を自分でやると提案して、

その分の300万円を値引きしてもらいましょう。

資金は、

信用金庫や国民政策金融公庫を、

紹介してもらいましょう。

ローンを組むときに、

財閥系の勤め先が役にたつのです。

想像以上ですよ。

将来も役立ちますよ。

五年もたつと32歳でしょう。

この頃にはキャッシュが余ってきます。

そこでつぎの物件を探しましょう。

これらの一連の事業は、

ブログやYouTubeやメルマガで発信しましょう。

サラリーマンの副業の不動産投資は、

5棟10部屋までです。

転勤があれば、

そこでも物件を増やしましょう。

多少仕事が辛くても、

不動産事業をやっていると、

前向きになれます。

不動産事業は家族ぐるみでやりましょう

おすすめの不動産賃貸業を、

家族単位でやっていきましょう。

法人を作って、

奥さまを社長にしていきましょう。

将来は、

お子さんができたら、

物件に同行してもらいましょう。

中学生から、

賃貸業を家族でやることを話して、

大学に入ったら宅建をとらせましょう。

やることはあなたと全く同じです。

娘さんも同じです。

一家で親戚で大家業をやりましょう。

これからの世の中は厳しいので、

家業で不動産賃貸業を

やることは生活の安定に繋がりますよ。

好景気では、

売ってキャッシュにして、

不況に物件を増やしましょう。

子供さんで、

交渉の上手い子供なら、

不動産業者にしてもいいでしょう。

代々不動産業をやるのが、

安定して生きていく道だと思います。

お金がはいったら、

外車を買ったり贅沢するのではなく、

不動産を増やしていきましょう。

お抱えの工務店や、

お抱えの仲介や、

お抱えの税理士ができるでしょう。

証券投資は最後でいいです

証券投資はリスクが高いです。

年間五パーセントならいいですが、

株の信用取引やFXの25倍のレバレッジの

取引などはやめましょう。

証券の営業は手数料をもうけたいだけです。

くれぐれも注意です。

不動産でも注意が要ります

不動産も、

新築ワンルームマンションを100パーセント借金で買ったり、

家賃保証の新築アパート投資はやめましょう。

小さいマンションは、

アパートもそうですが競争が激しく、

出入りが頻繁で、

修理費や広告費や営業のインセンティブで、

儲かりません。

景気の変動をよく観察してください。

不動産は、

不景気で買って好景気では売るのです。

株と同じですね。

あなたも、

テルのブログやYouTubeでビジネス大学を見て、

一家で不動産業をはじめましょう。