シカゴ学派のハイエク・フリードマンの新自由主義者の竹中平蔵氏

すごい屁理屈だよね。

全員が社員だったころ、

田中派閥が元気だったときは,

労組や社会党のお陰で、

賃上げができて、

配当でなく、

賃金が上昇。

 

昭和の奇跡で、

日本は、ジャパンアズナンバーワンだった。

そこで、

日本は世界企業の十傑のうち、

ほとんどが日本企業だった。

怒った欧米が、

竹中小泉を使って、

日本システムを壊した。

 

日本は、財閥系の銀行を中心に官民一体で

日本は成長した。

そこで欧米は、田中派を潰した。

80年代に強烈な円高にした。

そして円高不況を解消するため、

金融緩和と不動産バブルを

起こした。

いわゆるウオーターフロント相場だ。

この時テルは、不動産アナリストで、

銘柄をどんどん出していった。

大当たりだった。

 

89年には日経平均は

39000円まで行った。

欧米は日本の不動産バブルを崩壊させた

そこでバブル崩壊だ。

財務省は、金融引き締め、

不動産への融資禁止、

不動産重課税などで、

株価は8000円になった。

不動産は十分の1になった。

問題は、

株や不動産の暴落だけでなかった。

会計基準を、

従来の原価主義から時価主義に改めさせたのだ。

この効果は絶大で、

不動産や株の損失を、

企業の決算に反映させたのだ。

これで財閥は持ち合い、

系列分離、

外資による不動産や株の買収が

拡大したのだ。日本は一気に乗っ取られた。

そこで、リストラを促進するため、

小泉竹中は、

派遣制度を導入。

正社員をリストラする一方で、

人件費の3分の1の非正規社員を、

採用していったのだ。

一方で、

不動産を大量に捨て値で購入した。

 

 

リートで不動産は一気に底打ちだ

外人投資家は、

一気に、

不動産投資信託であるリートを導入させた。

金融機関も疲弊して、

不況が続くなか、投資先がないので、

リートが大人気になった。

企業も銀行も不動産会社も、

資金繰りのために、

リートに保有不動産を売却、

運用に困った地銀が、

リートにとびついた。

ここで外人投資家は大儲けだ。

安部のミックスでは株も戻ってきた。

都心の不動産も上昇。

外人投資家はウハウハだ。

 

この功績は財務省と小泉竹中である。

その竹中が、

正社員は恵まれすぎで、

非正規を搾取していると言う。

なにおかいわんやである。

 

さらに竹中は最近では国民は、

90歳まで働くように言っているらしい。

欧米に気に入られた企業が、潤うシステムになってるね。

イオン

オリックス

ジャックス

パチンコ

競艇

ゲームメーカー

マンガ業界

ソフトバンク

楽天

ZOZO

まだあるかな。

終身雇用はオワコン

終身雇用はオワコンで、

これからは学歴より、

手に職つけて、

副業と起業して独立して、

事業をやるしか生きるみちはない。

どんな副業と事業がいいのか。

サラリーマンなら、

宅建を取得して、

銀行からの信用をテコに、

地方の高利回りの古い戸建てを購入して、

貸家にしよう。

 

徐々にでいいが、

一つうまくいけば、

次の物件を探して、

投資していきましょう。

うまくいったらブログやYouTubeにしてサロンで儲けよう

うまくいったら、

その様子をブログやYouTubeやメルマガにして、

不動産塾をやりましょう。

ブログやYouTubeやメルマガにして、

ノウハウをnoteにして、

ホリエモンの四原則である、

1)初期費用が要らず

2)在庫を持たず、

3)高利回りで、

4)定期収入が入る

ブログやYouTubeで、

不動産塾で、

セミナーやサロンで

定期収入をかせぎましょう。

お金持ちがみえてきたよね

大家なら中卒でもできる

大家なら中卒でもできる。

不動産投資家になったら、

キャッシュが、

余って来るから、

次に不動産投資やってもいいし、

株の投資もやってみよう。

株の投資は不労所得だからね。

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で

コンスタントに稼いでいます。

労働しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

大学時代には欧州一周を見てまいりました。

アメリカの大学院のMBAのホテル学科に留学して英語も勉強しました。

留学中にはセレブに必須のフランス語を習得。

留学中にはニューヨークやカナダやメキシコに観光に行きました。

ブラジル銀行の友達ができました。

メキシコの友人は元大統領の子息でした。

帰国後に27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めました。

そこでロスアンゼルスプロジェクトでロスアンゼルス

の土地を見に行きました。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

その後商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立ちました。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

小さい頃から、ベットの生活、朝はパンと牛乳、

夏は別荘ぐらしでした。

小さい頃からクラッシックのレコードを与えられ

印象派の絵画画集も与えられ、いい映画も見に行かされました。

そこで体験したことをセレブの生活にまとめました。