日本はオワコン、終身雇用の終焉

日本は人口減で老齢化で正社員を

維持できず。終身雇用は維持できず。

 

従来は年功序列でケツバットで生き残れた。

今は、45歳以上早期退職で追い出される。

学歴は通用せず。

入社後も資格取ったり、

勉強や実践をしないと生き残れない。

 

みんな一緒の時代は、

大量生産で。

戦後五十年は正解だった。

暗記処理でよかった。

 

スポンサードリンク

 

これからは編集力の必要性

状況に応じて、

自分が納得し、

関係する人を納得させる編集力という。

 

リクルートに藤原氏のアイデア。

編集力は、

子供の頃勉強した人より。

子供の頃、

外で、

年齢差を超えて、

多くで遊んでいた人がいい。

 

状況に応じて、

遊ぶ企画を作れる人。

 

生き残る方法は、

編集能力ある人だが、

それだけでは、

具体的でないでしょ。

 

勉強は大事だけど、

仕事で専門を三つ持つこと。

仕事もホップステップジャンプ

ホップステップジャンプ。

一つの分野を十年熱中。

会社の中で、

仕事を変えてもいい、

企画やって。

営業とか広報とか、

経理とかね。

 

ブレストで、

馬鹿な意見が大事。

テルの実践から具体策を言うよ。

テルの具体例から

学生時代にテルは宅建を取った。

27歳で不動産会社に入社。

七年後に証券会社に転職。

 

ホップを不動産で、

ステップは証券会社。

 

この二つの仕事で閃いたのが、

不動産投信であるリート。

 

リートでは、

実践では、

シンガポールのリートを買って、

インド通貨で運用。

 

これは、

経済成長の高い、

シンガポールの伸びる不動産に投資し、

インド通貨の高金利をゲットするというアイデアね。

 

日本のリートでもいいし、

米国のリートでもいい。

 

ジャンプは、

どうなったか。

 

80年代に不動産バブルがあって、

不動産もピークをつけて、

株もピークをつけた。

 

テルは、

外資系に転職、

リストラにあった。

でもそれは塞翁が馬だった。

 

塞翁が馬だったのは、

不動産業界も証券業も不調で、

当時はリストラで彷徨った。

テルは生まれついてのプラス思考。

 

例えば、

家はアパートに行っても、

将来にアパート経営の経験になると考えた。

一般には悪いことをチャンスと捉えた。

41歳でリストラにあう

41歳でリストラに会う。

当時は派遣がなかったので、

正社員を狙って、

朝日新聞の採用欄で、

いろんな企業に募集申請した。

全然ダメだった。

 

そこで、

FPの講座営業に就職。

しかし営業は独身者のみ。

給料安く喰えず。

商社の情報関係に就職できた

ここでチャンスが来た。

商社系の情報会社に就職できた。

1993年に情報関係に就職できた。

情報はちょうど始まったばかり。

Windows 95が出る二年前に、

情報産業に就職できた。

ここがジャンプになった。

 

ここでパソコンやネットがわかってきた。

社内ランを作ったり、

グループウエアのサイボウズを導入。

パソコンはデルに発注とか。

携帯ショップを開店したり。

 

企画会社から始めて、

単黒達成で、

最後は累損解消で出口まで経験。

通信会社に最後は売却。

 

これがジャンプで、

百万人に一人のレア人材になったと思う。

 

これに留学と英語があるので、

ブログやYouTubeやメルマガをやってる。

 

シニアなのでもう双六では上がり。

そこで若い人に、

子供や孫に生き方や、

資格や仕事の選び方などを、

発信していきます。

 

財閥系の子会社孫会社代理店に入って、

銀行の信用を得て、

中卒で出来る家主や株主で生きていこう。

 

不労所得だね。

古屋投資は自分でリホームできるようにしよう。

 

学生時代は、

宅建取って英語を極めて留学してみよう。

 

アルバイトは、

ホームセンターやホームクリーニングがいいね。

古屋投資に役立つよ。

 

まずは所沢のような拠点に住んで、

近辺で古屋投資をやっていこう。

 

日本政策金融公庫でお金を借りよう。

借金して投資する。

レバレッジをかけることを学ぼう。

賃借人が働いてくれて借金を返してくれる。

 

物件の利回りが一番大事

20パーセントになるように指値をしよう。

まず賃貸市場を理解しよう。

 

月額賃料を想定しよう。

年間賃料収入を購入価格で割ってみよう。

 

それを20パーセントにしよう。

そこでローンを使うと、

借金返済比率は50パーセントにしよう。

 

10パーセントを修理費用としよう。

そうすると儲けは、

40パーセントになるね。

 

そうなると賃借人が稼いでくれて、

借金を返済してくれる。

キャッシュフローが余ってくる。

 

そしたら次を買おう。

物件は古屋がいい。

理由は駅から遠くても戸建ては車が2台あれば貸せる。

賃貸戸建て物件はレア。

あまりない。入居者もなかなか出ない。

子供がいれば大学まではいる。

 

古屋は最後は更地にして土地として売れる。

新築アパートも建てられる。

 

古い家を買いとって、

直して売ってる業者もいるよ。

最初にこれで買って貸していくのもいい。

古屋の買取ならカチタスだね。

 

キャッシュフローが増えて1000万円になったら、

証券投資を始めると億万長者になるよ。

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で

コンスタントに稼いでいます。

労働しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

大学時代には欧州一周を見てまいりました。

アメリカの大学院のMBAのホテル学科に留学して英語も勉強しました。

留学中にはセレブに必須のフランス語を習得。

留学中にはニューヨークやカナダやメキシコに観光に行きました。

ブラジル銀行の友達ができました。

メキシコの友人は元大統領の子息でした。

帰国後に27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めました。

そこでロスアンゼルスプロジェクトでロスアンゼルス

の土地を見に行きました。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

その後商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立ちました。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

小さい頃から、ベットの生活、朝はパンと牛乳、

夏は別荘ぐらしでした。

小さい頃からクラッシックのレコードを与えられ

印象派の絵画画集も与えられ、いい映画も見に行かされました。

そこで体験したことをセレブの生活にまとめました。

It is TERU.

I was raised by a celebrated mother.

It is a way of life to live peacefully and relaxedly.

 

After graduate school, I developed an English conversation acquisition method by studying abroad MBA.

Mitsui-based real estate company, Nikko securities company, Mitsui trading company net company work.

I will teach you how to make 4 wallets.

I am struggling to earn with an affiliate on the net. I love celebrities.

 

I like YouTube. I am doing a blog affiliate.

I like to eat sweet things because I am poor at drinking.

It is a philosophy that lives enjoying living happily.

Let’s go enjoy it.

 

Please register from the form below for mail magazine registration.

Free