富裕層はお金に稼いでもらう

富裕層は金融資産を1億円保有

富裕層は、

一般には、

金融資産を1億円保有する層といえよう。

 

GDP500兆円の半分は労働者に配分

日本の経済状況をマクロで捉えてみよう。

マクロ的には、

日本のGDPは、

約500兆円。

 

雇用者に分配される賃金報酬は、

約250兆円。

GDPの半分が、

雇用者に分配されている。

 

資本の対価の配当や利子は約100兆円

資本の対価として払われている、

配当金や利子は約100兆円。

 

労働者一人は約380万円

日本の就業者数は約6500万人だから、

賃金報酬の250兆円を就業者数で割ると、

労働者一人あたり賃金は、約380万円となる。

 

資本の報酬は100兆円で利回り3.3% 年に330万円

日本全体の資本総額は、3300兆円です。

資本の報酬が100兆円なので、利回りは3.3%ですね。

お金を運用して得られるお金は、

富裕層が、

金融資産を1億円保有しているとすると、

不労所得は、

年に330万円です。

 

つまり、年収330万円というのは、

不労所得で労働者の稼ぐお金を稼ぐのが、

1億円の資産運用です。それを富裕層というのでしょう。

 

あなたも金融資産を1億円稼いで富裕層になろう

金融資産を1億円にする方法とは

1)不動産投資でキャッシュを稼ごう

金融資産が生む配当や利子は、

労働するのと同じ。

だから、お金持ちになるには、

資本をためて、

それをレバレッジを掛けて、

それでキャッシュフローを積み上げる。

まずは、働いてまず頭金を作ろう。

300万円だね。

 

ギャンブルに使ってはだめ。

消費に回してはだめ。

 

300万円を頭金に

アパート経営などをやろう。

 

今は売る時期だろうが、

売られる局面で、

鬼の指し値で買おう。

 

サラリーマンの信用を利用して、

8割は安い金利の借入金で、

レバレッジで稼ごう。

 

アパート経営はキャッシュフローを生む。

アパートが増えたら法人化しよう。

 

 

2)株式投資で稼ごう

 

ネット証券で口座を開設しよう。

そして、ノーロードの世界株式ファンドに投資しよう。

積立投資でドル平均法で資金を貯めよう。

 

ディーリングで稼ごう。

2000株で、

日経平均採用銘柄で、

ディーリングで、

一日一万円稼ごう。

一万円やられたらやめよう。

月に10万円を稼げるようにしよう。

 

株は暴落時に買おう。

サブスクリプションに銘柄で儲けよう。

今はキャッシュにして

投資を待つ段階だね。