不動産や株など資産の値動きは金利次第

 

資産運用というのは

1)不動産投資

  戸建ての貸家やマンションの貸家

2)証券投資

  株投資やリート投資や為替投資

給料の他に副業としてはいいよね。

それでは不動産が上がったり下がったり

株が上がったり下がったりする原因なんだろう?

 

 

資産価格の値上がりは値下がりの原因は金利

1)株の場合が上がるのは

  売り上げの上昇を反映し、

  利益が上昇して

  一株あたりの利益が上がるからです。

2)不動産が上がるのは

  人口が増えたり土地や家が生み出す

  利益が増えるときです。

経済成長で利益が上がれば

不動産も株も上がります。

経済成長は人口減が将来見えてるので

伸びないですね。

経済成長が低迷していても

株も不動産も上がるときはどうゆうときでしょうか。

それは金利の低下や金融緩和です。

金融緩和や金利の低下は、

10年も続けるとそろそろ言わるでしょうね。

金利を決めるのは誰でしょう。

それは世界を動かす金利を動かす勢力でしょう。

そろそろ金融を引き締めて

金利を上げるかもしれませんよ。

そうなると

株も不動産も下がります。

ですので

そろそろ株も不動産も売りどきでしょう。

みなさんも不動産も株も売って

キャッシュにしましょう。