資産のプロは手数料て儲ける

いわゆるプロと言われる金融マンは、

1)証券マン

2)銀行マン

3)生命保険営業マン

4)ファイナンシャルプランナー

5)不動産営業マン

ですよね。

これらの人は、

手数料をゲットする商売人。

 

だから、多くの手数料を取るように、

営業部長からノルマを設定されている。

 

上司からどんどん売れと営業マンは圧力をかけられる。

みなさんも金融以外でもノルマは同じでしょ。

信用したらだめだね。

買ってはいけない金融商品はなに?

1)FXは賭博でしょ。

2)外貨建終身保険

  為替でやられるかもね。

3)外貨預金

  手数料がバカ高い。

4)投資信託

  手数料がめちゃ高い。

  年間で取られる運用手数料もめちゃ高い。

  大手証券や銀行がすすめる。

例外は、ノーロードの手数料のめちゃ安い

世界株インデックス投信ならいいかも。

ファンドラップやロボアドバイザーでも

損することもある。

 

5)保険は

 いろいろあるけど共済保険で十分。

 独身なら保険はいらない。

 学資保険やるなら、

 ノーロードの世界株インデックス投信の積立で十分。

 

ハイリスクローリターンはない

ハイリスクだからハイリターンです。

つまり儲かるといってピークで株を買うと暴落もある。

売ったり買ったりさせられると、

手数料を元本は大きく減って取られて終わる。

 

テルはプロと言われる

1)証券マン

2)不動産営業マン

だったのね。

 

自己責任で、

自分でよく研究して

長期保有で

現金と不動産と証券などに

リスク分散必要ですわ。