ビジネスはGの住人であり投資はRの住人

 

 

ピケティーは長い資本主義を分析しました。

それはG大なりRです。

Rは5%です。

Gは経済成長で1%です。

つまりビジネスやっても1%です。

サラリーマンやっても給料は1%増えるということです。

Rは投資です。

投資は5%リターンがあるということです。

さてソフトバンクの孫さんは

ビジネスマンでしょうか投資家でしょうか。

これについては

ホリエモンが言っています。

ホリエモンは言う、

孫さんは投資家ですと。

ビジネスをやっているのではなく

成長する直前の会社に投資をやっているということです。

資金はみずほファイナンシャルから借りて

思いっきりレバレッジを掛けているのです。

上場でIPOで儲けるのです。

孫さんは情報に詳しいファンドのダンドマネジャーです。

ソフトバンクを投資ファンドと思えば納得です。

孫帝国のようだという。

もともとソフトバンクが伸びていたのは、

野村證券出身のSBIの社長の北尾吉孝氏が

助言するところから投資ファンドですよね。

そろそろピークかもね。

株を売って投資先を探す。

アドバイスは北尾吉孝氏だと思おうよ。

買ってピークで売り抜ける。

 

投資は複利狙いが重要

 

投資は複利狙いがポイントです。

資本主義は資金を複利でまわして儲けていくのが

ポイント。

20世紀の発明は長期投資の複利効果ですね。

それを言ったのがアインシュタインという。

あのベロを出してる人ね。

 

初年度100万円で10%の利回りで回ったとして

初年度100万円→110万円

二年度110万円→121万円

三年度121万円→132万円

 

100万円を利回り5%で運用したときには

35年後には450万円となります。

このことに気づいた人はお金持ちになるし

気づかない人は貧乏人のままです。

数学で習いますけど

その時の発想は銀行で借りた時の支払う金利で

あって投資家の話はないです。

 

教育はサラリーマンを作ってある意味奴隷として

投資はさせないのがポイントですね。

 

結論は孫さんのようにRの住人になって

複利で資産を増やしましょうということですね。

みなさんも頑張って貧乏を抜け出しましょう。