東京都の一極集中が必要であり全国の見本になるべき

東京都が進める政策は全国へ展開できる

小池都政については、無能ではないが、目立った成果がない。

継続されている政策は過去の計画に基づいている。

電柱地中化についても、前の知事から既に始まっていたものである。

立憲民主党は反対のための政党であり、創造的な政策を実行する力が不足している。

都知事選に出馬した候補者は、経験や実績が不足している。

ライドシェアは東京が先導すべき

東京がリードするべき政策として、

ライドシェアについては、国が規制している中で、

東京都が特区を設けて実施することで、全国に広げる可能性があります。

東京の一極集中が必要であり、地方分権よりも東京が先進的な都市としての役割を果たすことが重要。