Contents

行政書士と宅建士のダブル資格にはメリットしかない

宅建士と行政書士は関係が深い

1)農地転用手続き  不動産取引

2)不動産取得と賃貸 旅館業の営業許可取得

3)相続・事業継承  空き家・事業用物件の処理

 

宅建士✖️行政書士のメリット

同じ人に依頼したいという心理的な要因が働く。

法律に詳しい不動産屋と不動産取引に詳しい行政書士は

依頼する人にとってもメリットがある。相乗効果だね。

資格取得上のメリット

宅建士は500時間、行政書士は1000時間取得までにかかる。

民法が最重要共通科目なので一緒に受けるメリットある。

物件調査を行政書士として行うことで信頼を得られる。

補助金申請や契約書作成を取ることで不動産取引に結びつける。

小さい業務で信頼を受け大きな不動産の取引に結びつける。

このように宅建士と行政書士を取得していることにはメリットある。