義母の介護の思い出

 

50歳くらいの働きざかりになるころに、両親は70代から80代にはいる。

そこのころは、子供がちょうど思春期で反抗する一方で、仕事は責任が重くなったうえに

今度は両親が介護状態になっていく。

一番ストレスのかかる年代となりますね。

お酒やギャンブルに走る方も多いでしょう。

 

義父は義母が面倒をみて看取りました。

義母は妻が看取りました。ぼくも協力しました。

本当に大変です。

 

義母は、認知症で自宅で当初は妻が介護していましたが、認知症の義母と一緒にいると

ストレスがかかります。そこで、まずは通所介護からはじめました。

ウエッブカメラで自宅から実家の義母の様子を見たりしました。

これは、パナソニックのウエッブカメラとケーブルテレビ・インターネットをつないで

スマホとパソコンで見られるようにしました。ネットの知識が役立ちました。

 

妻は介護のために、役所に何度も通い、通所介護の施設の紹介を受けたり、介護の認定の実施をお願いしたり、

最終的にはグループホームの予約、入所までやりました。

グループホームでの生活は同じ認知症の境遇の人で快適でしたね。

一時的に入った、別の介護ホームでは他の入所者の理解が得られずた大変でした。

いいグループホームも探すのに大変でした。ネットで探したりしてね。

認知症の医師のところに通院も車で行きましたね。

 

 

きらケア老人ホームへの相談

 

ご両親の介護でお困りの方には、こちらの「きらケア老人ホーム」が相談にのってくれます。

ぜひ連絡してみてください。



 

1)サービス概要

「きらケア老人ホーム」は介護士の紹介、派遣も手がける「きらケア」が

運営する首都圏特化型の老人ホーム紹介サービスです。

首都圏の全6000件以上の有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅への

ご入居をサポートしています。

2)特徴

・一人ひとりに担当アドバイザーがつき迅速かつ丁寧にサポートします。

・介護士の紹介/派遣も行っている「きらケア」だからこそ知っている内部情報の提供します。

・首都圏に特化し、空室情報をリアルタイムに把握しています。

 

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で月収40万円

以上をコンスタントに稼いでいます。

労働以外しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

留学して英語も勉強しました。

27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めた。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

外資証券に転職後、すぐにリストラ。

そこで家族を抱えてさまよった。

その後、なんとかコネで商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立った。本社のビル

を探して賃貸契約を担当。

新築の本社の建設と賃貸契約の締結、

社宅の契約。端末の倉庫の契約、

携帯ショップの開業準備などで

不動産の知識が役立った。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

副業の経験を皆さんに情報発信して

行ければとこのブログをはじめました。