ときわ荘物語

 

漫画家の多くを生み出した木造アパートのお話、トキワ荘物語。

 

その場所は、

東京都豊島区椎名町5の2253

現在は豊島区南長崎三丁目(住居表示

16番6号)

1952年から1982年まで存在した。

 

上棟式 1952年12月6日

老朽化で1982年11月29日で解体した。

 

2階部分は10室すべてが四畳半。

手塚治虫ら著名な漫画家が居住で有名。

 

「漫画家が原稿を落としそうになった際、他の部屋からすぐに助っ人を呼べる環境が欲しい」という編集者側の思惑と「他の漫画家の穴埋めでもいいから自分の仕事を売り込む機会が欲しい」という描き手側の利害の一致もあったとされている。

引用:wiki

 

現在は日本加除出版の新館社屋となっている。

 

手塚治虫(25歳)が昭和28年

に宝塚から東京にこのトキワ荘に引越したのです。

 

出版社の紹介で当時の新築アパートの

トキワ荘の最初の住人となる。

そこは2Fの14号室であった。

 

トキワ荘のメンバーたちとは

 

次の住人が、寺田ヒロオである。

次が鈴木伸一。

次が藤子不二雄(安孫子素雄、藤本弘)。

 

新漫画党という集まりで酒を飲んでは映画の話ばかり。

酒は焼酎のサイダー割で名前はチューダー。

肴は、キャベツ炒めに南京豆という。

いいね。今でも飲んで食べてみたいね。

 

つのだじろう、園山俊二もいたようです。

 

石ノ森章太郎とアシスタントの赤塚不二夫が、30年5月にときわ荘に入居した。

トキワ荘は四畳半、トイレ、炊事場は、

共同、風呂なし。すごいね。

アパートはこうありたいね。

 

家賃は1ヶ月3000円。

昭和30年代にこの漫画家たちは成長し旅立っていく。

 

当時の漫画はくだらない、教育上よろしくない、

漫画家は世捨て人、といわれ、

表向きはみんな画家や自営業ということにしていたらしい。

 

いまで言えばブログアフィリエイター

YouTuberだね。

 

浮き草稼業、仕事なくてもみんなでいれば安心だった。

 

赤塚不二夫がやってた仕事は石ノ森のアシスタント。

食費は出してもらってたがお金はもらえなかったそうです。

 

赤塚はそこで4万円の部屋代のつけが貯まる。

仕事は、マンガも少女漫画が3ヶ月に一度くらい。

それでは食えないと辞める決意。

 

当時のリーダー格の寺田さんに相談。

そしたら、もう一度やってみろと、

4万円を貸してくれた。

 

ある日、漫画王の出版社が飛んできて、

漫画に穴があいたので2日で漫画をかいてくれといわれた石ノ森が、赤塚に

仕事を振った。そこで少女漫画でなく、

ギャグ漫画を書くことになって、

それが連載となって売れていく。

いいはなしだね。義理人情の世界だなあ。

 

 

別れの時、

昭和32年にリーダー寺田が結婚で引越。

他のメンバーもだんだん。

 

既に各漫画家が全員退出してしまった時期においても見学者がはとバスで訪れるといった聖地的な扱いをされるに至った。

引用:wiki

漫画家にとっての大事件とは

昭和34年に漫画家にとって大事件。週刊少年サンデーと少年マガジンが創刊。

団塊ジュニアで言えばコロコロコミックだな。

 

ちなみにこのときの表紙は、

少年サンデーが巨人の長島、少年マガジンが相撲の朝潮(昔のね)

いづれも少年とのからみ。

おれもこれは毎週買って読んでた。

お金あったんだな。

 

月刊が週刊になるということは、

大変でかける漫画家がいるのかと驚いたと赤塚先生は言った。

藤子不二雄 海の王子 (少年サンデー)昭和34年から昭和36年

赤塚不二夫 おそ松くん(少年サンデー)

昭和37年から昭和42年

団塊の世代が牽引したんだな。

 

昭和37年は僕の12歳。そして昭和42年といえばもう大学生だもんな。

団塊が動くと市場ができる。

 

これからがシニアの時代だね。

この話も団塊の懐かしさに受けるでしょうね。

 

石ノ森章太郎 サイボーグ009

(週刊少年キング)昭和39年から昭和40年

団塊がおとなに成るにしたがって大人漫画に入っていくのだね。

 

昭和36年1月 赤塚不二夫 転出

昭和36年10月 藤子不二雄 転出

昭和36年12月 石ノ森章太郎 転出

 

メンバーたちの青春そのものだったんだね。

 

売れていった漫画たち

・天才バカボン

昭和42年から昭和47年

おれの大学時代だね。大人向きギャグ

漫画だな。懐かしいな。

 

・もーれつア太郎

昭和42年から昭和44年

 

・パーマン

昭和42年から昭和61年

 

・どらもん

昭和45年~

 

・怪物くん

昭和40年から昭和44年

・プロゴルファー猿

昭和49年~昭和53年

 

これは団塊世代が企業戦士になったころだな。

 

・はなのピュンピュン丸

昭和42年から昭和43年

・空手バカ一代

昭和46年から昭和48年

・仮面ライダー

昭和46年

・佐武と市捕物帳

昭和41年から昭和42年

このころガロとかあったなあ。

 

寺田ヒロオ

少年サンデー

・スポーツ金太郎

昭和34年から昭和38年

 

殺人的なスケジュールの対応するため

漫画家はアシスタントを採用するように成る

プロダクションシステムにした。

 

寺田はアシスタントを使いになれなかった。

過激な表現や暴力もいやだった。

一緒に乗るのがいやになった。

いいやつだよね。

 

二度とペンをとらなくなった。

いいはなしだね。

 

スタジオ・ゼロのスタート。

みんなで集まって動画アニメを作り始めた。

38年だった。

 

リードしたのは、アニメの経験者

鈴木伸一だった。

みんなの漫画をアニメにしていった。

おばけのQ太郎はみんなの漫画だった。

57年にトキワ荘の解体になった。

ときわ学校、兄弟、同じ釜の飯を

くった。青春のとき。

 

サヨナラの時。

平成元年 手塚治虫 死去

平成4年 寺田ヒロオ 死去

 

微笑ましいストーリー

共同の炊事場で赤塚不二夫は

そこで風呂代わりで体を洗った。

大家さんはだれだろう。

いまはどうなっているのだろう。

明治屋の隣のビルに展示物あるそうだね。是非行ってください。

ブログアフィリエイトや、副業や

転売やったり、自営業演る人には

参考になりますでしょ。

 

トキワ荘物語を読んでみたい本とは、

トキワ荘青春物語

 

 

それではまた。