不明2才児よしきちゃんを電撃救助! スーパーボランティア 尾畠春夫さん

よしきちゃんを電撃救助した尾畠春夫さんのプロフィールを調べてみました。
お名前:尾畠春夫(おばた はるお)
ご年齢:78歳
ご住所:大分県速水郡日出町
お職業:ボランティア(65歳まで大分県別府市に鮮魚店を営んでいた)
お趣味:登山
中学は4ヶ月でやめて、15歳でお魚屋さんに修行にはいったそうです。
28歳でお魚屋さんを開業したそうです。
65歳で引退。修業に入ったところからそう決めていたそうです。
お世話になった世間様に恩返したいということでボランティアを開始されたんですね。
素晴らしいですね。感動ですね。

ボランティアの実績

ボランティアの実績としては、
1)2011年1月の新燃岳の噴火のときのボランティア。
2)2011年3月の東日本大震災のときには、宮城・南三陸町に滞在、
『思いで探し隊 隊長』として活動。
なんと500日も現地に滞在したそうです。一年を超えていますね。凄いですね。
3)2016年12月に大分・佐伯市で、2歳の女児の行方不明の捜索に参加。
そのとき子供は上に登っていくことに気づいたそうです。今回はこれが
おおいに役だったようです。
4)東日本豪雨ボランティア。
などです。
赤いはちまきは、クマとか動物が寄ってこないそうです。
それと、遭難時にヘリで見つけやすいからだそうです。
座右の銘は「朝は必ずくる」だそうです。
いい言葉ですね。

ボランティアの信念

ボランティア先では、信念としては、
『ボランティアは現地でモノを欲してはならない』

だそうです。

 

そのため、食料は持参、それに車中泊が基本。

その信念を貫いているようです。

現地ではパックのご飯に水をかけて、周りの雑草を採って食べるそうです。

そのために雑草の知識を図鑑で勉強しているそうです。

 

素晴らしいですね。

 

菩薩行をしているように見えますね。

現地では、

笑顔、幸せ、元気、愛情を持ってボランティアに臨むそうです。

素晴らしいですね。

 

中学を中退で学歴がないとおっしゃってましたけど、

 

全てに感謝して我欲がないことに感動しました。

 

大学院を出たのに自分の儲けばかりを追求する自分が嫌になりました。

 

爪の垢を煎じて飲まないといけませんね。

 

子供の教育のお手本になりますね。大学出るより人のために尽くすですね。

 

尾畠さんに勲章をさしあげてほしいです。

元気でスーパーボランティアを今後も続けてほしいですね。

ーーーーーーーーーーー

本ブログは年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で月収40万円

以上をコンスタントに稼いでいます。

労働以外しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

留学して英語も勉強しました。

27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めた。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

外資証券に転職後、すぐにリストラ。

そこで家族を抱えてさまよった。

その後、なんとかコネで商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立った。本社のビル

を探して賃貸契約を担当。

新築の本社の建設と賃貸契約の締結、

社宅の契約。端末の倉庫の契約、

携帯ショップの開業準備などで

不動産の知識が役立った。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

副業の経験を皆さんに情報発信して

行ければとこのブログをはじめました。