上沼恵美子さんで話題 「夫源病」で結婚41年目の別居

夫源病が、上沼恵美子さんの結婚41年目の別居という話題で注目されていますね。
夫源病とはなんでしょう?
夫源病とは、「夫の言葉や行動で」妻が体調を壊すことだそうです。
よくあるのが、長期休暇で夫が家にいたあとで、奥様の調子悪くなるという症状のことです。
この病は、心療内科医の石蔵文信さんの命名のようです。
この本で紹介されています。

具体的にはどんな症状か?

更年期障害のような症状だそうです。

不眠

肩こり

倦怠感

 

のぼせ

動悸

息切れ

 

めまい

耳鳴り

頭痛

 

不定愁訴(ふていしゅうそ)の症状がでるそうです。

不定愁訴とは、

 

特定の病気としてまとめられない

漠然とした体の不調の訴えだそうです。

 

 

その病気のきっかけは?

上沼さんの場合は、夫の定年がきっかけだということです。
それでは、夫源病になる奥様は、だんなの行動のなにが嫌なのでしょうか?
1)帰宅すると細かくチェックする
2)寝る時間を一緒にしようとすること
3)きゅうりを1本頼んだのに3本買ってくる
4)洗濯物のシワシワに干す
だそうです。
定年になってわかったこと。
奥さんに取って一番イライラは、
朝はいいとして、夫が勤め人なら、
昼飯と夕飯は勝手に外で食べてきたはず。
晩飯はともかく、昼飯の準備がイライラ売するようです。
これが、濡れ落ち葉と言われる所以。主婦ならだれでもそう思うようです。
夫はなるべく家にいないこと。
例えば、僕の定年退職をした男友達は、なるべく家にいないようにしているようです。
1)コーヒーなど趣味の教室に行き家を出る。
2)スポーツクラブに必ず毎日行く。
などがあります。
これによって、濡れ落ち葉を回避しましょう。
友人と外で食べたり、昼間を外で食べるのがいいのです。
毎日、図書館に行って、パンでも買って食べるのがいいようです。
濡れ落ち葉の人が大勢図書館にいますよ。
一番いいのは、週5日派遣でもアルバイトでも清掃員でもいいので
75歳までは働くのがいいでしょう。
むりなら週3日働くのはどうでしょう。
だめでも、ブログでアフィリエイトしたり、転売したりしてはどうでしょう。
図書館でメルカリやアマゾンで転売をしたり、ブログをかくのがいいでしょう。
ブログは毎日書く必要がありますので、図書館なら資料をいっぱいあっていいですよ。
wifiが無料で使える図書館もありますよ。
夫源病はどうすればいいか
家庭の中のことは、奥様のルールに従うことです。
夫は、会社の延長で、部下を指示するように奥さんに命令を
してしまう。
家庭は、奥様のお城です。家庭内のことは奥様のルールに従えばうまくいきますよ。
奥様の一人の時間を作ることですね。