昆虫採取の思い出~都内にいた昆虫たち。

 

昆虫採取の思い出~都内にいた昆虫たち。

 

夏休みといえば昆虫ですよね。

テレビでも香川照之さんが上野国立博物館の昆虫展のテレビ宣伝をしていますね。

 

さすが夏休みですね。

僕が都内にいた子供の頃ころには、昆虫がいろいろいました。

 

その思い出を語りましょう。

どんな昆虫たちがいたでしょう。

1)カブトムシ。

これは百貨店でしかみなかったかな。

2)ザリガニ

これは昆虫ではないですね。

近くに池があってそこでみんな取りに行ってたな。

 

 

 

3)蝶

覚えている限りでは、

○アゲハチョウ

○シジミチョウ

こんなものかな。

いろいろいたけど覚えてない。

 

 

4)とんぼ

これは一番多かった。

 

○赤とんぼ

秋の風物詩ですね。これはよくみたな。

 

 

○オニヤンマ

大きくて噛まれると痛い思い出があります。

○ギンヤンマ

オニヤンマと並ぶ大物でしたね。

○シオカラ

これは普通のトンボです。だいたいこれですね見れるのは。

 

 

○イトトンボ

糸のように小さいトンボ。これもしょっちゅういましたね。

こんなもんかな。

 

 

 

 

5)カナブン

これは普通だね。

 

 

5)てんとうむし

これもよくみたね。今もいるよね。でも最近は虫スプレーの影響か、みなくなったなあ。

6)アリンコ

これは今もいるけどね。

一升瓶に入れて観察した。

懐かしい。

 

昔は空き地があってね。そこで草が生えていてそれで昆虫が来訪したんだね。

今は都会は空き地がなくなった。寂しい限りだけ。

 

 

母が買ってくれたファーブル昆虫記の本

 

僕が昆虫に夢中になっていたことから、あるときファーブル昆虫記を買ってくれた。

難しい本で、子供用でなかった。

ファーブルとは。

ジャン=アンリ・カジミール・ファーブルフランス語Jean-Henri Casimir Fabre1823年12月21日 – 1915年10月11日)は、フランス博物学者であり、また教科書作家、学校教師、詩人としても業績を遺した。昆虫行動研究の先駆者であり、研究成果をまとめた『昆虫記』で有名である。同時に作曲活動をし、プロヴァンス語文芸復興の詩人としても知られる。

引用:wiki

 

ファーブルはフランスの学校の先生で傍ら昆虫などの研究をしていたんですね。

フランスに行って、その足跡を訪ねていきたいと思います。

詩人だったとは知りませんでした。

 

 

文京区にファーブルのことを展示した、虫の詩人の館があります。

http://www.fabre.jp/

 

 

 

私も行ってみたいと思っています。土日だけなんですね。子供のための館ですね。

みなさんもぜひ行ってください。

 


それではまた。

 

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログは年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で月収40万円

以上をコンスタントに稼いでいます。

労働以外しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

留学して英語も勉強しました。

27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めた。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

外資証券に転職後、すぐにリストラ。

そこで家族を抱えてさまよった。

その後、なんとかコネで商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立った。本社のビル

を探して賃貸契約を担当。

新築の本社の建設と賃貸契約の締結、

社宅の契約。端末の倉庫の契約、

携帯ショップの開業準備などで

不動産の知識が役立った。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

副業の経験を皆さんに情報発信して

行ければとこのブログをはじめました。