東京都心を低飛行する「羽田ルート案」で地価が下がる?

みなさん。羽田ルートって知ってます?

オリンピックを前に羽田の飛行数を増やすために東京都心を低飛行する方針を国土庁が勧めていますね。

飛行ルートは、池袋、新宿、渋谷、目黒、白金、品川、大井町の上空を低飛行で飛行機が飛ぶのですよ。

 

いま、タワマンの供給過剰を取り上げる話はありますけどね。

地価が下がるのはこのタワマンの話より、羽田ルートの方が深刻でしょう。

いずれも、城南エリアの不動産の価格の高いところを通過します。

これは、持っている人が売って移動するかもしれませんね。

実際に飛ばないとその深刻さはわかりません。

飛行機から部品が落ちることもありますからね。

落ちたらどうなるのか心配ですね。

 

なぜマスコミが取り上げないのかな

マスコミも取り上げません。

国交省が推進しており、その担当は公明党ですからね。

いまなら地価も高いので売って、武蔵小杉や横浜みらいや晴海などに

移転するのがいいでしょう。

城南地域に下がる要因が撃ち込まれると地価の暴落の要因になるかもですね。

そうなると銀行が困るでしょう。

不動産投資は賃貸が重要ですが、上空に飛行機が飛ぶようだと

賃貸需要も減るかもですね。

大和市とか昔に営業担当でしたが、飛行機騒音は売れ行きに相当影響ですよ。

みんな他人ごとのよう無関心ですが、いよいよになると大騒ぎでしょう。

一度、羽田空港の近くのジェットの飛ぶところを取材してもらいたいですね。

YouTubeにもあるようですよ。