高橋由伸ご苦労さん

由伸頑張った。

4位だったがベテランを切った。

新人育てた。

原元監督が自分が勝つのにベテランを使い新人を育てなかった。

 

その中で一番悪い条件で引き受けた由伸。

13連敗のおかげで新体制が実現。

長島監督の思い出

長島も監督の時に新人を育てるために最下位になったよね。

その時、ナベツネさんは営業出身で読売新聞代理店の意向を汲んでやめさせた。

 

ところが次の年、長島をやめさせた読売新聞をどんどん解約。焦った読売も

その後長島さんを監督にした。

長島監督が育てた新人達の活躍で川上派の連中がいいとこどりだったね。

 

誰が一番巨人を愛していたか。

それは長島。

 

それは今の由伸。

長島がその息子が入団する時、広島に行けと言った。

それは、常勝にこだわる巨人では決して新人を育てられないことを知っていたからだ。

 

ナベツネさんの今の状況はわからないが由伸をやめさせるなら、再び巨人ファンは

やめるだろう。

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で

コンスタントに稼いでいます。

労働以外しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

大学時代には欧州一周を見てまいりました。

アメリカの大学院のMBAのホテル学科に留学して英語も勉強しました。

留学中にはセレブに必須のフランス語を習得。

留学中にはニューヨークやカナダやメキシコに観光に行きました。

ブラジル銀行の友達ができました。

メキシコの友人は元大統領の子息でした。

帰国後に27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めました。

そこでロスアンゼルスプロジェクトでロスアンゼルス

の土地を見に行きました。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

その後商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立ちました。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

小さい頃から、別途の生活、朝はパンと牛乳、

夏は別荘ぐらしでした。

小さい頃からクラッシックのレコードを与えられ

印象派の絵画画集も与えられ、いい映画も見に行かされました。

そこで体験したことをセレブの生活にまとめました。