シニアになって理解した観音経

占い師に出会う

美容院経営の祖母のお抱えの占い師がおりました。

美容院も従業員がポイント。

そこで人を雇用するときにその先生に見てもらっていた。

私も何度も見てもらった。

そのときに

1)筮竹を使って易を占った

2)人相も手相もみていた

3)株式相場の秘訣を教えてくれた。

  三段上がって三段下がるという。

  あたってるよ。アベノミクスもそうなってるでしょ。

 

スポンサードリンク

 

観音経の写経を指示された

困ったことがあったのだが。

そのとき観音経写経して唱えるように指示あった。

それはこれであった。

妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五

妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五から

衆生被困厄 無量苦逼身

観音妙智力 能苦世間苦

具足神通力 広修智方便

十方諸国土 無刹不現身

種種諸悪趣 地獄鬼畜生

生老病死苦 以漸悉令滅

真観清浄観 広大智慧観

悲観及慈観 常願常瞻仰

無垢清浄光 慧日破諸闇

能伏災風火 普明照世間

悲体戒雷震 慈意妙大雲

澍甘露法雨 滅除煩悩燄

 

これは結果どうかというと。

絶大なる御加護があったのです。

ようするに法華経だったんだね。

 

中村錦之助の演ずる日蓮

You Tubeで最近時代劇を見ていて

中村錦之助の日蓮をみた。

43歳で外資系証券でリストラされた。

人生にさまよったときに観音経巡礼にであった。

鎌倉で巡礼した。生きていていいのだって思った。

その後運勢がよくなった。

You Tubeで日蓮を見たとき思った。

日蓮は法華経に戻ろうと言う。

お釈迦様の教えに戻ろうという。

鎌倉の辻に立って貧しい人に

法華経の教えを説いた。

そういえば私も観音めぐりで救われた。

 

現代に通じる日蓮と法華経

鎌倉で観音めぐりをやったときには

鎌倉で日蓮が説法していたとは知らなんだ。

30年続いた大不況と就職できない時代が続き

引きこもりやフリーターや派遣や海外研修生が

貧困で苦しむ現代を見るとき。

ちょうどあの日蓮の活躍した鎌倉を思い出した。

仏法が庶民から失われたとき日本は

国難に合うという。

いまの日本の国際情勢をみるとき

日蓮のころと似ていると思う。

再び法華経の時代が来たのではないのかと。