昭和の時代は終身雇用ができた

昭和の時代は日本が世界の状況に恵まれて

企業に入れば終身雇用でやってこれた。

 

しかし令和の時代には

給料の他に副業を持たないと食えない。

 

加えて不動産賃貸投資や

株式投資という不労所得を得ないと

やっていけなくなった。

スポンサードリンク

 

そうなった原因はインターネットの発達

理由は簡単。

それはインターネットが発達です。

FANGなどのプラットホームが出来て

中国や東南アジアで工場経営が簡単に

出来るようになったのです。

 

グローバルな競争が過激化しています。

日本企業が海外に出ていってしまった。

 

企業は生き残るために社員をリストラしました。

そして社員の代わりに派遣社員や海外研修生を

受け入れました。

 

人件費を浮かせて利益を出して生き残りを

図りました。

 

生き残りに必要な簿記とFPとは

簿記は三級でいい

簿記はビジネスに必要です。

副業で必要です。

簿記は3級でいいです。

1)受験者は30万人。

2)受験期は2月 6月 11月です。

3)合格率は40パーセント。

結構むずいので独学は無理です。

スクールをおすすめです。

僕も独学でやったけど無理でした。

回答のスピードが要求されます。

ネット学校のクレアールでいい

学校は授業料が一万円の

ネット学校のクレアールがおすすめです。

スクールを受けないと落ちますね。

次がFP ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは3級でいい。

1)受験者は14万人です。

2)受験期は 1月 5月 9月です。

3)合格率は 学科で80パーセント 実技で80パーセントです。

これは独学で行けます。

4)受験料が6000円です。

5)教科書はみんなが欲しかったFP 三級と

  みんなが欲しかったFP三級問題集でいいです。

 

FP の知識で節約が可能

FPの知識は節約に役立ちます

1)保険の知識で余計な保険に入らない。

2)FPの知識で余計な投資話に騙されない。

3)FPの知識で住宅ローンの判断が出来る。

4)FPの知識で節税というな名の営業に騙されない。

 

簿記の知識でも節約が出来る

1)簿記の知識で財務諸表や経営状況を把握して

2)投資する米国株や日本の高金利株を把握出来る。

3)簿記の知識で不動産賃貸投資の収支計算を

 きちっとできる。

簿記やFP 以外で役立つ知識は不動産

簿記やFP 以外で役立つ知識は、

僕の長い経験で

不動産の知識です。

 

金融では担保が不動産です。

宅建の資格を狙うといいです。

 

民法や建築基準法や各種行政法規を学べる。

税金の知識も学べる。

住宅購入のポイントも学べる。

 

学生の時に受験すると授業との

コラボレーションがいいです。

 

資格は就活にも役立つ。

 

実生活で一番役立つね。

賃貸で退去時の費用の節約に役立ったね。

宅建業法は住んでいる人を守ってる。