自宅投資という考え方

 

自宅を買うとすぐに陳腐化するとか。

新築買うとすぐに30%は価値はさがると

よく言われます。

そうでしょうか。

ぼくは今までマンションですが

4戸購入し2戸売りました。

いずれも儲かりました。

もちろん人口が増えていて経済の良かったと言うでしょう。

でも90年から25年は不動産がだめな時期もありました。

自宅を買う条件とは

1)タイミングがあると思います

実際1990年から25年間はデフレで

買うと損したと思います。

2)上がるエリアがあると思います。

それは首都圏なら23区とか

地方都市でも人口の集まる都心とか。

3)駅の近くがいいでしょう

これからは郊外や駅から遠いいところは

難しいです。

4)大型のマンションがいいでしょう

5)富裕層が購入するタワーマンションはいいでしょう

6)不況のときに買いましょう

 

税制が応援する自宅不動産

自宅不動産のいいところは税制が充実してることです。

1)住宅ローン控除が適用されます。

2)1%の金利相当額を所得から控除してくれます。

3)年間40万円 最大13年続きます

4)自宅は自分で住むことも出来るし

  貸すこともできます。

5)儲かったら譲渡税の優遇があります。

  一人3000万円までは控除されます。

 夫婦共有なら合計6000万円に控除もあります。

銀行員や外資系などのパワーカップルが購入し

税金を節約して所得税還付をうけるのがいいでしょう。