2024年問題と45歳以上の早期退職

2024年問題とは

2024年問題とは

5Gが導入されて20Gの情報がスマホに流れる。

あらゆる機器も20Gの情報が瞬時に処理される。

2024年には古い今までの継ぎ接ぎだらけの

システムはガラガラぽんと全部やりかえる必要が

あるようだ。

 

45歳以上の早期退職

働き方改革とか

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とか

今話題でしょ。

事務社員はこれからRPAで処理するので

リストラの対象になると言われている。

 

実はそうではないようです。

経団連企業でも45歳以上の社員の早期退職が

進められている。

 

事務職が対象と言われる。

しかしそうではないようです。

それが2024年問題の壁なんです。

 

古いシステムが2024年に限界が来るらしい。

そこで古いシステムを支配する45歳以上のエンジニアを

やめさせて新しい若いエンジニアに替えなければなりません。

 

そこで企業は45歳以上の事務員が営業に回されていると

みなさんも思ってたでしょ。

僕もそう思っていた。

 

スポンサードリンク

 

若い人を年収1000万円以上で採用の意味

最近のニュースでは若い人を1000万円以上払って採用することが

大企業で始まってきた。

実はこれは文系でなく理系の社員を撮りたいのです。

2024年の壁を乗り越えるためです。

欧米の大学院をでた優秀な若い人を入れて

5G時代に通用するエンジニアにするのでしょう。

 

日本の村社会の新卒一括年功序列終身雇用では

欧米流のFANG企業に競争で勝てないのです。

 

そこで大企業も終身雇用を否定し始めましたね。

自動車も自動運転になる。

日本村社会は維持できない。

 

これからは派遣を増やして

派遣に交通費や

2ヶ月のボーナスなどを導入することで

社員時代を終わらせるのでしょうね。

 

これからは欧米企業は

外人社長を導入。

社内を英語で会議して

英語で交渉することが必須になるでしょう。

 

終身雇用が崩壊すると

派遣やフリーランスや副業で行きていこう。

英語も学びましょう。