子供に教えられる不動産投資と株式投資

 

子供に教えられる不動産投資と株式投資。

僕の経験を話しましょう。

親父が電鉄の不動産部で山の買収と住宅の造成や販売をやっていたのです。

そこで僕は、一緒に山を見に行ったり、住宅か買うときに徹夜で並ぶバイトしたりしました。

 

親の家は、借地で美容院経営で、アパートも併用。最後は歯医者に貸して最後は売ってしまいました。

親は都内から郊外の住宅街へ移転しました。

 

大学では宅地建物取引主任者試験を受けて合格。

大学院時代はケインズの勉強をする傍ら、英会話の学校と不動産鑑定士の学校行っていた。

大学院の卒論が地価の一考察だった。

 

大学を出た時には東急不動産を受けたのですが落ちちゃたので大学院に行きました。

大学院を卒業の時にはIBMに受けていました。そしてアメリカのホテルを勉強に留学しました。

 




 

 

不動産の経験は

アメリカの大学院のMBAから帰国後に就職を考えたのですが27歳だったので、

不動産と株の投資をやる資産運用のプロになろうと決心しました。

まず第一に入ったのが

 

1)財閥系の不動産会社の流通子会社でした。

ここでは仲介業務と広告業務を担当しました。

最後の方はロスアンゼルス不動産の企画を担当しました。

この時に、親のアパートに入居しました。いい経験でした。上の人がドンドンうるさかったです。

最初のマンションは2DKの品川の新築を買いました。

 

7年目に大手証券の募集がありました。ケインズが好きなので金融や証券に興味がありました。

証券の転職で専務との面接では不動産投資信託(リート)をやりたいと発言。採用になりました。

 

2)大手証券では不動産アナリストで活躍しました。当時は不動産バブルでした。

湾岸のウオーターフロントバブルでした。銘柄を当てまくりました。

外人投資家を豊洲にバスで案内したのが思い出です。

 

この時に買ったのが、郊外の3LDKの中古マンションでした。

89年に証券はバブルの頂点でした。外資系の転職後にリストラに遭遇。

マンションを売ったお金で食いつなぎました。

 

3)商社系ネット企業に転職成功しました。親類のコネでした。でもよかったです。

この時には総務経理担当でした。

不動産の担当もやりました。この時は会社のビルを探したり、契約を担当。

従業員の社宅も探しました。契約も担当。

携帯ショップも物件を探して内装を直して店舗にしました。これも担当しました。

 

ネットには端末が必要なのです。そこで端末用の倉庫を探してきました。

本社ビルは土地を提供してもらい建物をこちらの仕様で立ててもらいました。

ヘッドエンドを作ってもらいました。契約はビルの契約で10年単位で敷金が10年分必要でした。

 

自分の不動産としては賃貸マンションを借りていました。13年くらいはバブル崩壊後の不動産デフレの時期でしたので

借りて正解でした。その後、リートが本格導入され企業の不動産はリートに売られて不動産デフレは解消に向かいました。

 

そこでマンションは底打ちだと思い、定年間近でリーマンであるうちに思いっきって都内の2LDKのマンションを購入しました。

同時に郊外に郊外にワンルームマンションも買いました。タイミングは絶好でデフレは解消に向かいました。

 

義母の郊外の家はリホームして賃貸中です。

戸建からマンションまでいろいろな不動産の経験があります。

 

株式投資については

 

株式投資についてはどうでしょう。

大手証券に入って株については勉強になりました。

 

私は外人投資家に対するアナリストでありました。

外国人と一緒に投資対象の企業訪問をやりました。

当時は外人投資家はアナリストが担当でした。小型成長株が担当です。

外人投資家はROEを重視していましたね。

 

 

証券会社では株は持つことはできますが、六ヶ月の反対売買はダメです。

そのおかげであの大バブルで野村証券株が200万円であったのが400万円になりました。

あぶく銭なのでこれではBMWを購入しました。

 

退職金を手にしたシニアにとっては、日経レバがいいでしょうね。

そのほかでは毎月分配型の投資信託でアメリカのリートでドル円のヘッジのないもの。

 

アジアリートでインド通貨とか。アメリカのハイテク中小型株とか。

ドル平均法で買うのがいいのでしょう。

 

株も不動産も購入する時期を見極めることとリスクとリターンを考えて

勇気を持って取り組むことです。

 

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で

コンスタントに稼いでいます。

労働以外しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

大学時代には欧州一周を見てまいりました。

アメリカの大学院のMBAのホテル学科に留学して英語も勉強しました。

留学中にはセレブに必須のフランス語を習得。

留学中にはニューヨークやカナダやメキシコに観光に行きました。

ブラジル銀行の友達ができました。

メキシコの友人は元大統領の子息でした。

帰国後に27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めました。

そこでロスアンゼルスプロジェクトでロスアンゼルス

の土地を見に行きました。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

その後商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立ちました。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

小さい頃から、別途の生活、朝はパンと牛乳、

夏は別荘ぐらしでした。

小さい頃からクラッシックのレコードを与えられ

印象派の絵画画集も与えられ、いい映画も見に行かされました。

そこで体験したことをセレブの生活にまとめました。