牛肉で長生き〜70歳から始めよう

70年生きた もう働きたくない。

長生きの人で有名な人

1)日野原重明  (1911年〜2017年 享年105歳)

食事は1日1300キロカロリーだった。

一日一食ですね。

 

夜だけご飯を食べていたそうです。

肉を1日おきに80グラムくらいずつ食べたようです。

肉はいいようですね。

 

野菜はたっぷりたべて

睡眠と運動を十分にやっていたようです。

 

日野原 重明は、日本の医師、医学者。位階は従三位。学位は医学博士。聖路加国際病院名誉院長、上智大学日本グリーフケア研究所名誉所長、公益財団法人笹川記念保健協力財団名誉会長。

引用:wiki

2)瀬戸内寂静 (1922年〜  現在 

肉をよく食べているとのことです。

 

瀬戸内 寂聴は、日本の小説家、天台宗の尼僧。俗名晴美。京都府在住。 僧位は権大僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。学歴は徳島県立高等女学校、東京女子大学国語専攻部卒業。学位は文学士。元天台寺住職、現名誉住職。比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学学長。徳島市名誉市民。京都市名誉市民。

引用:wiki

 

 

スポンサードリンク

 

牛肉は体にいい

牛肉に含まれる栄養素は

1)必須アミノ酸

筋肉や免疫細胞の原料。

2)カルニチン

認知症の予防効果。

3)ヘム鉄

貧血の予防効果。

4)メチオニン

動脈硬化を防ぐ効果。

5)オレイン酸

悪玉コレステロールを低下させる効果。

6)トリプトファン

うつの原因はセロトニンの不足であり

セロトニンの原料がトリプトファン。

7)亜鉛

認知機能にかかわり

不足はアルツハイマーの発症や悪化の影響。

 

 

アミノ酸で血管が丈夫になる。

それで心臓病、脳卒中、動脈硬化

糖尿病や貧血や高血圧の予防になるのです。

コレステロールも細胞の素材やホルモンの源です。

 

こうなると牛肉を食べないとね。

 

ニュージーランドの牛肉で

赤身がいいようです。

 

 

炭水化物は控えよう

私は炭水化物を控えて

タンパク質を中心の食事にして

糖尿病の数値が大改善しました。

自分で確認したのです。

 

ーーーーーーーーーーー

本ブログの著者は、年金、アフィリエイト、投資、YouTubeなどの副業で

コンスタントに稼いでいます。

労働しないで稼いでいます。

この給与、不動産投資、証券投資、

アフィリエイトで不労所得を稼ぐ

4つの財布で行きていく情報を発信

して行くことを目指しています。

大学で宅建の資格を取り、大学院で

ケインズから金融を教えてもらい、

不動産鑑定士の資格の専門学校にいきました。

大学時代には欧州一周を見てまいりました。

アメリカの大学院のMBAのホテル学科に留学して英語も勉強しました。

留学中にはセレブに必須のフランス語を習得。

留学中にはニューヨークやカナダやメキシコに観光に行きました。

ブラジル銀行の友達ができました。

メキシコの友人は元大統領の子息でした。

帰国後に27歳で初めて大手の不動産会社の

流通子会社に7年務めました。

そこでロスアンゼルスプロジェクトでロスアンゼルス

の土地を見に行きました。

そこでリートをやるために大手証券に

転職。

85年のプラザ合意以降の円高局面で

不動産バブルを体験。不動産アナリストでウオーターフロント銘柄を発掘。

その後商社系のネット企業に入社。

不動産の知識が役立ちました。

現在は、定年後に派遣に行きながら

戸建て賃貸収入、証券への投資、

ブログアフィリエイトを始めて

年金、不動産投資、証券投資、

で4つの財布を作りました。

小さい頃から、ベットの生活、朝はパンと牛乳、

夏は別荘ぐらしでした。

小さい頃からクラッシックのレコードを与えられ

印象派の絵画画集も与えられ、いい映画も見に行かされました。

そこで体験したことをセレブの生活にまとめました。